チェブログ-福岡マウンテンバイク友の会

CHE BLOG

チェブログ-福岡マウンテンバイク友の会 中川チェのブログ

福岡MTB友の会の中川チェです。MTBのDIGとかRIDEとかその他いろいろ書きたいです。

 福岡MTB友の会 中川チェのブログ
 タイトルをクリックorタップで続きが表示されます。
FMTK     MTB SANPO DIY 音楽

ボブ・マーリーの家系図的なのつくった話

今年ももうちょいしたら、暑い夏が来る感じすね。

夏っぽくなってくると、なんとなくレゲエが恋しくなってくるんすよ。基本的にゆったりとしたチルなやつを聴くことが多いんですけど、そのなかでもド定番だけどボブ・マーリーとかめっちゃ聴きます。

 

んでいろんなレゲエを聴いてると、ボブ・マーリーのDNAを受け継いだ~とか、そういう紹介をされてる人が結構いて、本当に実の息子だったりとかするんですよね。結局ボブ・マーリーの子孫っていまどうなってんの?って気になって調べてみたら、なかなか面白かったんで、それ書きます。

  

 

ボブ・マーリーは1945年にジャマイカにて、イギリス人のノーヴァル・マーリー(Norval Marley)と、ジャマイカ人の セデラ・ブッカー(Cedella Booker )との間に生まれました。それで1981年に悪性の腫瘍が原因で、36才の若さで亡くなりました。マジで太くて濃くて短い一生ですね。

 

この短い人生のなかで、ボブ・マーリーは8人ものガールフレンドの間に12人もの子供を授かりました。多いなー!!One Love じゃおさまらない Loveの大きさ。

 

んでボブ・マーリー家系図的なやつって、調べたらすぐでてくんのかな~って思ったんですけど、意外とでてこない。でてもなんか分りづらくてピンとこないやつだったりして、、、、

そんなら分かりやすくまとめるか!ってつくったのがこれです。

f:id:nakagawa_che:20190531232905j:plain

こんな形の家系図みたことない!笑

ボブ・マーリーの上のリタ・マーリーから時計回りに、ざっくり時系列で並んでます。

(なんか妻とか恋人とかこの後の説明でも表記がブレブレです。その辺よく分かんなかったんです、、、)

それぞれを分解して説明していきますね。

 

 

8人のガールフレンドごとに分けると
 

●  リタ・マーリー Rita Marley

 →  シャロン・マーリー Sharon Marley

 →  セデラ・マーリー Cedella Marley

 →  ジギー・マーリー Ziggy Marley

 →  スティーブン・マーリー Stephen Marley

 →  ステファニー・マーリー Stephanie Marley

 

●  パット・ウィリアムス Pat Williams

 →  ロビー・マーリー Robbie marley

 

●  ジャネット・ハント Janet Hunt

 →  ローハン・マーリー Rohan Marley

 

●  ジャネット・ボウウェン Janet Bowen

 →  カレン・マーリー Karen Marley

 

●  アニタ ベルナビス Anita Belnavis

 →  キマーニ・マーリー Kymani Marley

 

●  ルーシー・パウンダー  Lucy Pounder

 →  ジュリアン・マーリー Julian Marley

 

●  シンディ・ブレイクスピア Cindy Breakspeare

 →  ダミアン・マーリー Damian Marley

 

●  イヴェット・クライトン Yvette Crichton

 →  マケダ・マーリー Makeda Marley

 

 

子どもの生年月日で並べると

 

 シャロン・マーリー Sharon Marley 1964

 セデラ・マーリー Cedella Marley 1967

 ジギー・マーリー Ziggy Marley 1968

 スティーブン・マーリー Stephen Marley 1972

 ロビー・マーリー Robbie marley 1972

 ローハン・マーリー Rohan Marley 1972

 カレン・マーリー Karen Marley 1973

 ステファニー・マーリー Stephanie Marley 1974

 ジュリアン・マーリー Julian Marley 1975

 キマーニ・マーリー Kymani Marley 1976

 ダミアン・マーリー Damian Marley 1978

 マケダ・マーリー Makeda Marley 1981

 

 

リタ・マーリー Rita Marley  ガールフレンド 1946年生まれ

レゲエユニット「アイ・スリーズ」のメンバーで、ボブ・マーリーのバックコーラスもしてた。最初の妻で正妻ってことになるのかな、、、

ボブ・マーリーはリタとの間に5人の子どもを授かりました。

リタ・マーリーの歌う曲もたまらんのですよ。

  ↑ 一覧に戻る

 

シャロン・マーリー Sharon Marley  娘 1964年生まれ

リタの連れ子、ボブ・マーリーと血のつながりはないみたい。ボブ・マーリーが生前にリタとの間の子どもたち(ジギー、シャロン、セデラ、スティーブン)にお願いして結成された「Ziggy Marley and the Melody Makers」のメンバーとして活躍しました。

このグループはなんと3つのグラミー賞をとったそうな。

またシャロンはジャマイカキングストンにある、ボブ・マーリー ミュージアムで館長を務めています。

f:id:nakagawa_che:20190520233855j:plain

出展:Sharon Marley facebookページ

https://www.facebook.com/SharonMarleyFanPage/

  ↑ 一覧に戻る

 

セデラ・マーリー Cedella Marley  娘 1967年生まれ

彼女もメロディーメイカーズの一員でした。2002年にメロディーメイカーズが解散した後も、ウェイラーズが設立したレコードレーベル「Tuff Gong」の代表を勤めていたり、2012年オリンピックの陸上競技ジャマイカ代表のユニフォームをデザインしたり、映画に出演していたりと、、、とにかく多彩な人ですね。

 

セデラはボブ・マーリーの母親のセデラ・ブッカーから取ってるんですかね?

ちなみにセデラ・ブッカーも歌ってたみたい。

めっちゃいけてるやん。信じられないくらい出来た話ですね、、、

 

f:id:nakagawa_che:20190528215633j:plain

出展:Cedella Marley facebookページ

https://www.facebook.com/CedellaMarley/

  ↑ 一覧に戻る

 

ジギー・マーリー Ziggy Marley  息子 1968年生まれ

長男ですね。メロディーメイカーズのリーダーとして活動してたジギーは、解散後も精力的に音楽活動を続けていきます。

マジでいい曲です。けっこう最近もいろいろドロップしてますね。

ソロで3回もグラミー賞をとってます。メロディーメイカーズ時代も合わせたら合計6回!!

アニメーション映画「Shark Tale」でウィル・スミスやデニーロと一緒に声優をやったりもしてます。

  ↑ 一覧に戻る

 

ティーブン・マーリー Stephen Marley  息子 1972年生まれ

メロディーメイカーズの最年少だったスティーブン。メロディーメイカーズ時代を合わせると、8回もグラミー賞をとってます。とりすぎ。

個人的にスティーブンといえばこれ。

いや~!マジで最高。

Pit bullと一緒にやってるこれもリゾート感あって最高。

熱心なラスタファリアン

  ↑ 一覧に戻る

 

ステファニー・マーリー Stephanie Marley  娘 1974年生まれ

ステファニーはボブとリタの間でいうと末っ子です。ボブとリタの間の兄弟姉妹のなかでは唯一、音楽のシーンには出てきておらず、(おそらく)唯一 大学に進学しています。

その大学では心理学を専攻しており、優秀な成績で博士号を修めたとのこと。また、大学在籍中には、大学のあるカナダにて特別支援学校でのボランティア活動をしていました。

卒業したのちに、音楽やエンターテインメントを軸とした事業に関わっていき、ボブ・マーリー財団や博物館の理事を務めています。また、Marley Resort&Spa の開発監督も務めていたとのこと。

Marley Resort & Spa - Home Page

現在はオーガニック農場 Marley Farm の実現にむけて邁進している。

 

いままでの兄弟姉妹と少し毛色は違いますが、やっぱり凄いものをもってて、素晴らしい人生を歩んでいるみたいですねー!かっこいい!!

 ↑ 一覧に戻る

 

 

パット・ウィリアムス Pat Williams  ガールフレンド

この方に関しては、ほんとに情報がでてこなかったです、、、。

たぶん、、女優だった、、んすかね。

んで、アメリカ人?的な?

 ↑ 一覧に戻る

 

ロビー・マーリー robert robbie marley  息子 1972年生まれ

f:id:nakagawa_che:20190529232302j:plain

出展:

http://www.zimbio.com/photos/Robbie+Marley/Premiere+Magnolia+Picture+Marley+Arrivals/H19-ZrznqDf

ロビーと彼の妻

ボブとパット・ウィリアムスの間の子どもですね。

ロビーは音楽のシーンには出てきていませんが、バイクスタントの世界で活躍していたようです。

f:id:nakagawa_che:20190529232443j:plain

出展:Bob Marley Twitter公式アカウントより

https://twitter.com/bobmarley

 「Marley Africa Road Trip」という映像作品に出演しています。愛称が「The NINJA」のようですね。

f:id:nakagawa_che:20190529232910j:plain

左からジギー、ロビー、ローハン

出展:https://acedmagazine.com/marley-africa-road-trip-an-inspirational-journey-video-review/

 こんなかっちょいい兄弟いないよ。

  ↑ 一覧に戻る

 

ジャネット・ハント Janet Hunt  ガールフレンド 

ほんと何も分からなかった。

だれか教えてください、、、、

  ↑ 一覧に戻る

 

ローハン・マーリー Rohan Marley  息子 1972年生まれ

f:id:nakagawa_che:20190529234504j:plain

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/Rohan_Marley

Rohan Marley Wikipediaより

ボブとジャネット・ハントの間の子どもです。ローハンとロビーとスティーブンが同い年なんですね!笑う。

ローハンはマイアミの大学でアメフトの選手として活躍していました。

大学卒業後はアパレルブランド「Tuff Gong」(レコードレーベルと同名)の運営や

コーヒー豆の生産法人「Marley Coffee」の設立に携わりました。

Tuff Gongの服は、上のロビーの写真で着てるやつがそうなのかな。

また、環境に配慮した材料を使用したスピーカー「House of Marley」の開発も行っている。

参考:https://japan.cnet.com/article/35096708/

グラミー賞 最優秀新人賞をとった Lauryn Hill ローリン・ヒルとの間に5人の子どもがいます。

方向性は違うけど、この人も凄い人だな~、、、

  ↑ 一覧に戻る

 

ジャネット・ボウウェン Janet Bowen  ガールフレンド

この方も情報がでてこず、、、娘のカレン・マーリーがイングランドで生まれていることから、ジャネット・ボウウェンも多分イングランド人なのか、、、?

だれか教えてください、、、

  ↑ 一覧に戻る

 

カレン・マーリー Karen Marley 娘 1973年生まれ

ボブとジャネット・ボウウェンの間の子どもです。

インタビュー動画出てきました。

イングランドで生まれて、上で紹介したステファニー・マーリーと一緒に学校に行っていたようです。

インタビューの中で言っていますが、カレンが8才のときにボブは亡くなり、カレンはボブについてあまり知らなかったようですね。しかし死後に父のことを深く知っていき、とてもすごい人だったんだって気づいた、的なことを言ってますね。たぶん。

 ↑ 一覧に戻る

 

アニタ・ベルナビス Anita Belnavis   ガールフレンド

f:id:nakagawa_che:20190601000842j:plain

出展:jamaica-gleaner.com

Ping Pong's days running out | Sports | Jamaica Gleaner

なんと、卓球のジャマイカチャンピオンともお付き合いしてたようです。

これ以上の情報はちょっと分からんです、、、

 ↑ 一覧に戻る

 

キマーニ・マーリー Kymani Marley  息子 1976年生まれ

ボブとアニタの間の子どもです。

ジャマイカで生まれて、彼が9才のときにマイアミの中心街に引っ越します。

そこから母アニタの勧めでピアノとギターのレッスンを受けたり、バンドでトランペットの演奏をする中で、音楽の世界に入っていったようです。その後は母親違いの兄妹であるステファン、ジュリアン、ダミアンと一緒にトラックをつくったりしてます。

かっちょいいっす。スポーツマンだったみたいで、めっちゃムキムキですね。

One Love というジャマイカ映画にて主演をつとめてたりもしてます。

参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Ky-Mani_Marley

  ↑ 一覧に戻る

 

ルーシー・パウンダー Lucy Pounder   ガールフレンド

イギリス人ということ以外分かりませんでした、、、

Lucy Pounder だけでググると、なんかそれっぽい顔写真でてくるけど、たぶんその写真は名前が似てる女優さんの写真で間違いです。

だれか教えてください、、、、

 ↑ 一覧に戻る

 

ジュリアン・マーリー Julian Marley  息子 1975年生まれ

ボブとルーシーの間の子どもで、ロンドン生まれです。幼年期はジャマイカで過ごし、幼いころから、キーボード・ドラム・ギターなどを通じて音楽に触れてきました。

なんともチバチバなMV、、、

ジュリアンはかなりのラスタファリアンなんで、こんな感じのMVです。慈善事業にも積極的に取り組んでいるようで、1989年にジギー、スティーブン、ダミアンと一緒に「Ghetto Youths Foundation」という財団を設立します。この財団はゲットー(貧困街)で暮らしている人を支援し、そのような状況を根絶するというミッションの基に活動を行っています。

2019年1月に最新のアルバム「As I Am」をリリースしていたりと、今もどっしりとレゲエシーンにいてくれています。

  ↑ 一覧に戻る

 

シンディ・ブレイクスピア Cindy Breakspeare   ガールフレンド 1954年生まれ

f:id:nakagawa_che:20190604232407j:plain

出展:https://anniepaul.net/category/cindy-breakspeare/ 

 なんと1976年度のミス・ワールドです。やるなボブ・マーリー、、、

当然ですが、ものすごい美人ですね。

「Waiting In Vain」や「Turn Your Lights Down Low」はシンディにささげられた曲だとか。

  ↑ 一覧に戻る

 

ダミアン・マーリー Damian Marley  息子 1978年生まれ

ボブとシンディとの間に生まれたのがダミアンです。

ダミアンといえばこれ

 MTBのDVDとか好きな人はグッとくるんですけど、Anthill Films 「Follow Me」の中のCam McCaulがライドするパートで流れるんですよ~、、、

ほんと、一部にしか響かないアレですみません。

 

あとフリースタイルバトルが好きな人はこの曲とか

日本で最も再生回数が多い(らしい)フリスタバトルの動画、黄猿 vs 鎮座DOPENESSのビートのやつです。

 

あとこの曲とか、めっちゃテンション上がりますねー!!

「Far Cry3」っていうゲームで、敵の大麻畑を火炎放射器で燃やし尽くすってミッションの時に流れる曲です。バカなゲームで最高でした。

Far Cry3 は車に乗ってる時のラジオから流れる曲なんかも、かなりイカしてるんですよねー。

 

ダミアンが2才のときに、ボブは亡くなってしまうんですけど、ボブによく似ていたダミアンは父親ボブのあだ名だった「Tuff Gong」をもじって「Jr.Gong」と呼ばれるようになります。

13才のころから、ジギー、スティーブンと一緒に音楽活動をするようになります。

なんとダミアン 3回もグラミー賞を取ってます。すごいな。

この方も熱心なラスタファリアンとのこと。

最近も新曲をドロップしてたりと、バリバリ活躍しているのが嬉しいです。

この曲とか、いわゆるオーソドックスなレゲエから少し変えているような感じで、またすごくいいですね。

 ↑ 一覧に戻る 

 

イヴェット・クライトン yvette crichton   ガールフレンド

f:id:nakagawa_che:20190605000416j:plain

出展:facebook Rasta Entertainment より

https://www.facebook.com/pg/RastaEntertainment/photos/?tab=album&album_id=319196581504250

 この写真の人なのか、、、?ちょっと真偽不明です。

イヴェットっていう名前がフランス圏での名前みたいなので、フランス人?フランス系アメリカ人? んー、分かんない。って感じです。

 ↑ 一覧に戻る 

 

マケダ・マーリー Makeda Marley  娘 1981年生まれ

ボブ・マーリーのすべての子どもの中で末っ子です。

この動画の1分20秒あたりからスピーチしてるのが、マケダです。

まあ要するに大麻を合法化しろー!っていう活動の中での1コマみたいです。たぶん。

タイトルに「420 event」ってありますけど、420は大麻を表すスラングです。

なんかオチみたいになって申し訳ないんですけど、マケダは2010年にフィラデルフィア自宅で大麻栽培をしており、逮捕されちゃってます。

  ↑ 一覧に戻る

 

 

 

人数が人数なだけに、まとめるのも大変でした、、、。

最近では「Skip Marley スキップ・マーリー」っていうセデラ・マーリーの息子、つまりはボブ・マーリーの孫も音楽シーンにでてきて注目を集めています。

ダミアン・マーリーと一緒にやってたり、

ソロの曲もめちゃイケてます。

 

 

ボブ・マーリーの Family Treeは今後も広く伸びていって、音楽シーンだけにとどまらず、いろんな分野から世界を盛り上げていってくれると思います。

そのうちボブ・マーリーの孫が色んなシーンででくるのが楽しみですねー!

 

自分も大きな Family Treeの一部にいるんだし、子ども・孫に何かを伝えていけたらいいな~とか思いました。(まだ子ども1才だけど)

 

そんな感じでした。

 

森林研究会の視察 & ちやのき 草刈り区役

ちょっと書けてなかったんですけど、意外といろいろありました。

 

5/24 - 25 で森林研究会の皆さんが、森林資源の活用という観点で富士町に視察に来られました。

5/24(金)は 古湯キッチン10 にて懇親会が行われました。

f:id:nakagawa_che:20190609224918j:plain

林業に携わる方、九大の教授、材木を取り扱ってる方、いろいろな方とお話しできて、最高に楽しかったです。

山林が好きっていう共通項だけで、こんなに打ち解けれるって最高だな~って思いました。

また料理がすべておいしいんですよね~!最高!

古湯キッチンでの懇親会の後はクリートに戻って、またちょっと飲んで車中泊しました。

f:id:nakagawa_che:20190616114033j:plain

プロボックスでの車中泊、足伸ばして寝れるんで最高です。

f:id:nakagawa_che:20190616114209j:plain

相変わらずオレのPROBOXはかっこいい。

f:id:nakagawa_che:20190616114313j:plain

ホットサンドごっそさんでした。マジでおいしかった。

 

そして5/25(土)は森林研究会の方々にチアーズトレイルに来てもらって、山林を利用して造られたコースと、僕と久保がライドしてる様子を見てもらいました。

 

正直、僕らとしては山林資源を活用しよう!とか、自然環境を保つために!とかは全く頭になくて、とにかく自分たちが楽しめる最高の環境(レゲエっぽくいうとザイオン)を創ろうぜ!みたいな感覚でしかいなかったので、今回の視察は嬉しいのと同時に、真剣に山林の未来に向き合っている方が視察に来ることに、結構びっくりしました。

 

まあ、最高の秘密基地(秘密じゃないけど)つくろうぜって、小学生みたいな感覚だからこそ、永く続けられるのかも知らんすね。

とにかく嬉しかったし、楽しかったです。

 

 

そんでその翌週、6/2(日)には ちやのき地区の草刈りがありました。

f:id:nakagawa_che:20190609230600j:plain

なんと今回、28人ものMTBerが駆け付けてくれました。すごい。

f:id:nakagawa_che:20190609231354j:plain

なんと今回の区役から、テレビの長期密着取材でカメラが入っています。

12月に九州7局フジテレビ系列で放送される予定で、なんと30分のドキュメンタリー番組になるようです!

めっちゃ楽しみですねー!

 

f:id:nakagawa_che:20190609231313j:plain

地元の方、MTBerが入り混じっての区役は、毎回のことですがほんわかした雰囲気で最高に楽しかったです。

 

f:id:nakagawa_che:20190609231536j:plain

NAKAOさん、親子参加いいですねー!僕も早く息子と一緒に来たいな~。

 f:id:nakagawa_che:20190609231455j:plain

草刈り作業の後は公民館でみんなでお昼ご飯です。

f:id:nakagawa_che:20190609231424j:plain

f:id:nakagawa_che:20190609231438j:plain

毎度のことなんですけど、おいしすぎて食べ過ぎちゃいがち。

何気ないお漬物とかが、すごいおいしいんですよ。

f:id:nakagawa_che:20190609231511j:plain

お昼ご飯の時も密着取材。お疲れ様でした。

 

そんで区役の後にトレイルライドに行って、最高の休日の完成です。

今回は久保とbabaくんが拓いた新しいルートに行ってみたんですが、アドベンチャー感あるルートで楽しかったです。

f:id:nakagawa_che:20190616113317j:plain

急な倒木に対応できず、仲良くこけたシーン。

初めてのトレイルを反射神経で走る感じって最高に楽しいですね。

 

とにかく、僕たちが楽しく遊ぼうと色々やってるところに、視察に来ていただいたり、取材に来ていただいたりと、なんか色んな人の琴線に触れてるっと状況がとても嬉しいです。

僕たちが富士町で、古湯でやってることが広く知られて行って、こういう遊び方をする人が増えていけば、MTBにまつわるプロブレムも森林保全にまつわるプロブレムも、楽しい方向に転がるんじゃないすかね。分からんばってん。

 

とにかく、マウンテンバイクをライフスタイル的な感じで楽しむと最高ですって話でした。

 

ちやのきエンデューロ2019 トレイルライドクラスに関して

ちょっと書きたかったことが渋滞してるんですけど、とりあえずこれを書いときます!

 

今回のちやのきエンデューロでは、新しい試みとして「トレイルライドクラス」というものを設けます。

どういうクラスか簡単にいうと「タイムの計測とかはしなくていいんだけど、ちやのきのトレイルは楽しそうだから、走ってみたい!」って人のためのクラスです!!

f:id:nakagawa_che:20190609223801j:plain

(写真はイメージです。懐かしい写真が出てきたんで。)

 

すべての選手がリエゾンにスタートするのを見届けて、ガイドと一緒に同じリエゾンを走って、SSのスタート地点までみんなで走ります。

※SS・・・タイムを計測する区間、ちやのきエンデューロでは、ほとんど下り。

リエゾン・・・SSのスタート地点までの道のりのこと、ちやのきエンデューロでは、ほぼ上り。

 

SSのスタート地点までたどり着いたら、出場選手がスタートするのを観戦しちゃって、全員がスタートし終えた後に、ガイドと一緒に計測区間を走ります。(タイムの計測はしないので、ペースは皆さんの自由)

そんな感じで、出場する選手と一緒のコースをガイドつきで楽しめることができます。

スキル的に不安がある方、計測まではしなくていいかなって方、この「トレイルライドクラス」おススメです!!

それぞれのスキルに合わせたガイドを複数人、準備する予定です!

ちなみになんと、今回僕もガイドをします!!

動きが読めなくて後が走りづらいと評判の僕のライディングですが、マイルドな走りを心がけて頑張ります!!笑

 

なんにせよ、気軽にエントリーしていただけると嬉しいです。

タイム測ることがプレッシャーになってしまうっていうの、スゴイ分かります。僕も大会の本番なんか緊張して硬い走りになってしまうタイプなので、、、

なんで「トレイルライドクラス」に関しては、そういうプレッシャー的なのを全く感じずに、楽しくライドしてもらえたら最高です!

もちろん前夜祭もみんなで一緒に楽しめます!最高!

 

今回、このクラスを設けたことで、少し迷っていた人が出てみよう!ってなって、遠方からの乗り合わせの人数が増えたりするといいな~。

あ、計測しないから e-BIKE なんかででるのもありですね~!

とにかく楽しんじゃいましょー!

 

 

ちやのきエンデューロ 2019 8/17,18 で開催されます!!

ほんとにタイトルに書いてあることを言いたかっただけなんですけど、、、

ちやのきエンデューロ 2019 8/17,18 で今年も開催されます!!!

 

例年通り、8/17に試走 → 前夜祭、8/18に本番っていうスケジュールです!

このイベントは2日間通して参加するのが、めちゃおススメです!

 

f:id:nakagawa_che:20190519001715j:plain

2018年 SS3(チアーズトレイル)試走

f:id:nakagawa_che:20190519001709j:plain

2018年 SS2

f:id:nakagawa_che:20190519001712j:plain

2018年 SS3にて

f:id:nakagawa_che:20190519001931j:plain

2018年 SS1にて

f:id:nakagawa_che:20190519001720j:plain

前夜祭でのふるまわれた料理
(写真はすべて FOTOGRAFIA 撮影)

 

ちやのきエンデューロのレポート的なやつのリンクを載せときますね。

読んでもらったら、このイベントの雰囲気、空気感が伝わるかなと思います。

 

↓ 2017

↓ 2018

 

今回の ちやのきエンデューロでは、MTBのライドに自信がない方、そもそも乗ったことない人、お子さんなんかも楽しめる仕掛けをいろいろ考えてたりとか、、、、

 

その辺の催しものとかに関しての続報は、facebookの ちやのきエンデューロ  のページで告知していきますので、要チェキお願いします!!

このブログでもお知らせしようと思いますけど、あんまあてにならないんで、、、、

 

勝ってやるぜ!って楽しみ方も最高なんですけど、ゴキゲンなトレイルで遊びまくろうぜー!!って楽しみ方も最高です!!

ぜひMTB仲間と誘い合ってきていただけたら嬉しいです!!

 

とにかく楽しみだー!!っていうことでした。

 

3/24 Transition Bikes & SANTA CRUZ 合同試乗会 inチアーズトレイル

Transition Bikes と Santa Cruz ってイケてる2つのバイクメーカーが同時に試乗できちゃうっていう、最高なイベントがチアーズトレイルで行われました。

(3月にあったイベントなのに5月にこれを書いてるってヤバいですね)

 

もちろん  Cleat bicycle   主催のやつです。

 

実はこのイベント2日連続で行われてて、1日目はあの TOXトレイル での開催でした。

TOXトレイルの参考記事 ↓

 

僕はこれには参加できなくて、チアーズトレイルからの参加だったんですけど、なんか楽しそうな投稿が続々と、、、、

まあ負けじとチアーズトレイルでも楽しむしかないでしょ!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502230426j:plain

とりあえず朝、Cleatに集合。

ちゃんと集合時間にきたけど、みんなこんな感じでのんびりしまくってて笑いました。

ゆるすぎる。

 

f:id:nakagawa_che:20190503001413j:plain

めちゃ嬉しいことに僕のブログをみて、KATOさんがリフトアップサクシードに車を変えてました!めちゃ嬉しいー!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502231044j:plain

うぉー!ラムバンにトランジション

f:id:nakagawa_che:20190502231100j:plain

いろんな積み方。それにしてもTransition Bikes 率が高い。

とりあえずチアーズトレイル行きましょう。

Cleat からチアーズトレイルまでは車で15分くらい。ほんとにいい立地だな。

 

f:id:nakagawa_che:20190502230725j:plain

んで、チアーズトレイルでも焚火するっていうね。

もうとりあえず火が見たいから焚火する感じですね、みんな。

焚火もいいけど乗ろ乗ろ!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502231741j:plain

Trantision AirlinesよりMoMo!

ディガーとしても、ライダーとしても、フィルマーとしても、エディターとしてもリスペクトしとります。フォームが美しい。

今回、ライドの撮影をFOTOGRAFIAの山田さんにバシッと撮ってもらいました。

本当にこのクオリティの高さで写真を撮ってもらえるのはうれしすぎる!!!

感謝です。

 

f:id:nakagawa_che:20190502231949j:plain

UKIUKIパークで一緒に遊んだ、通称 永ちゃんもきてくれました!

MTBは今回が初めてってことなんですが、やっぱりBMXでの地力があるんで、すぐ乗りこなしてましたね~。さすが!

てかこの写真で見ると、人差し指をブレーキにかけてないですね。

僕はストリートでもビビッてブレーキに常に指かけてるんで、マジですごいと思いました。

 

f:id:nakagawa_che:20190502232508j:plain

Shimizuくんも来てくれました。相変わらず乗れてる~!

なんかストリートの人もガンガン山走ってほしいし、僕たち山の人もストリートをやったり、みたいな。それぞれのジャンルの境目があいまいになっていくと、もっと面白い気がしてます。

f:id:nakagawa_che:20190502233432j:plain

おー!ヨシムタMTBクラブからRyosukeです。

フォームがいけてるねー!!

f:id:nakagawa_che:20190502231648j:plain

ほんでヨシムタMTBクラブのロケットボーイ Koshiro!

実はこの日が新車Transition Bikes の SCOUTでの初ライド!

おろしたてなのに、なじみすぎてる。笑

 僕も Cleat bicycle  で組んでもらったんですけど、やっぱりレバー関係のポジションなんかも、好みを考慮したうえでバチっとだしてくれるんで、初ライドでも違和感なく乗れちゃうんですよね。

そういえば慣れる必要とかまったくなかった。

そんなロケットボーイの追い撮りを置いておきます。

チアーズトレイルのスタートからゴールまで、全部撮ってるんで、流れが分かりやすいかなと思います。

んー! ゴキゲンな走り!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502234849j:plain

久保。いいねー!ぶち込んでる感じが最高。

 

f:id:nakagawa_che:20190502235054j:plain

果敢にチャレンジしてくれました。みるみる上手くなるから見てて楽しいなー!

チアーズはライダーのレベルによって、いろいろな走り方ができると思うんで、幅広い人が楽しめるコースなんじゃないかなと思います。

とはいいつつ、初心者向けのもっと取っつきやすいトレイルも必要だとは思ってるんですが。

早く自分の息子もチャリに乗れるようになってほしいな~、、、

 

f:id:nakagawa_che:20190502235316j:plain

僕です。基本的に無駄が多くてSketchyな走りに定評のある僕なんですが、我ながらバームのフォームはなかなか優等生なんじゃないかと思ってます、、、

f:id:nakagawa_che:20190502235829j:plain

この1枚とかホントに嬉しい!

ジャンプのときに膝が外に向きがちで、いつもドスコイ感がすごいんですけど、この写真はいい感じに見える!!

ジャンプの下手さを本当に克服したい!修行しないとですね。

 

f:id:nakagawa_che:20190503000115j:plain

やっぱチアーズはトレインが最高におもしろい!!

みんなでギャーギャーいいながら下るのがほんとにおもしろいですね~!

 

f:id:nakagawa_che:20190503000233j:plain

いぇー!!フロント上げすぎ病ー!!

 

f:id:nakagawa_che:20190503000345j:plain

この日は試乗会ですので、高級車がズラリとならんでおりました、、、

Transition Bikes と Santa Cruzなので、どれ乗っても間違いないという。

 

f:id:nakagawa_che:20190503000500j:plain

アパレル関係なんかもありましたー!

サラッとしたデザインで、マジでシャレてた。

 

このあとチアーズだけじゃなく、茶畑トレイルや、新しく開通したトレイルを、みんなで騒ぎながらライドして、最高に楽しかったです。

いや~、マジで最高のイベントでしたよ。

TOXトレイルのも参加したかったけど、また今度いこう!!

 

これからシーズンに入っていって、苣木地区での区役だったり、イベントの情報だったり、ちょいちょいあると思いますんで、Facebookの福岡マウンテンバイク友の会のページなんかをチェックしてもらえたらと思います!!

僕のブログでも言っていきたいと思いますが、あまりあてになりませんので!!(自信満々)

 

とりあえず最高でしたって話です。

 

f:id:nakagawa_che:20190503002131j:plain

ps. ソロ写真ありがとうございます!汚いコアラみたいな感じで気に入ってます!

 

3/16,17 MTB トレイルライド 楽しんできました

楽しんだわけですよ。

 

3/16,17にTransition Bikes のサポートライダーのガッキーが、大阪から九州にはるばるやってくる!ってことで、楽しみまくってきました。

f:id:nakagawa_che:20190326224714j:plain

PROBOX、HIACE、HILUX(あと久保のFilder)

悪そうなTOYOTA車がそろいました。

 

とりあえず2日間のトロ部分で動画をつくりましたのでHD画質でぜひどうぞ

いや~、ほんと最高だった!!

インスタ用に1分ぴったりでつくってるけど、意外と尺ちょうどいいかもですね。

GoPro hero5 session をヘルメットにマウントして撮影してます。やっぱチェストマウントよりブレははいりにくいですね。

 

f:id:nakagawa_che:20190326225503p:plain

久保のインスタより

 

f:id:nakagawa_che:20190326225509j:plain

 最高だったー!!

僕個人としては、土曜日は激くだりでコケて木にタックルして、日曜日はハイスピード区間で木とハンドルぶつかって指が挟まれたりしたけど、奇跡に大したケガはしなかったんでほんとに良かった。

こけ方が上手かったとか体が丈夫とかそういうのじゃなくて、ほんとラッキーでケガしなかった感じだから、これから気を付けよう。(たぶん気を付けない)

 

f:id:nakagawa_che:20190326230703g:plain

 これ動画だと伝わらないけど、かなり傾斜すごくてふつうはチャリ降りていく感じのとこなんですよ。

撃沈したけどチャレンジできて良かった。

木に思いっきりタックルした感じなんで、肩がほのかに痛いです。

これからは気を付けてチャレンジします。

 

あと、すぐに腕があがってしまう(疲れてしまう)のがホントに悔しいですね~、、、

あまり走らないトレイルでも、リラックスしてメリハリのある走りをすれば、あがらないようになるとは思うんですが。とにかく今の無駄の多い走りのスタイルはそのままに、腕があがらず永遠に走れるようにがんばります。

 

ガッキーはこの2日間が初対面だったんですけど、めちゃめちゃナイスガイでライドもスタイルでまくりで最高でした。

Transition Bikes のサポートライダーはみんなスタイル確立してて、めちゃイケてますね。

なんかサポートライダーを選ぶ基準というか、嗅覚というか、そこが最高だなと思いました。

改めてTransition のファンになった2日間でした。

 

いや~、最高だった。

 

 んで3/24もチアーズトレイルでイベントあって最高だったんで、後からまた書きます。

ほいだら。

 

最近聴いてるやつ けっきょくHIP HOP多め

 春来てる感じっすね。

花粉症のひとは頑張ってくださいね。

ホントは3/10に佐賀でX-SPORTS Fesっていう、去年も行ったイベントでMTB体験ブース出展とか予定されてて、めっちゃ楽しみにしてて、それで記事書こって思ってたんすけど、雨で中止になっちゃいました。

 

最近聴いてるやつをまとめとこう的な、定期的なやつですね。

いつも通り、新しい古い関係ない感じ(基本ちょい古いけど)で挙げてきます。

ちょっとでも知ってるやつとかビビっとくるのあったら、ハラショーです。

 

 

STUTS、鎮座DOPENESS、Campanella の最高トリオ。

 

STUTS、星野源さんと紅白でてたりノりにノってますね。

割と若い人たちとも一緒にやったりする、鎮さんのフットワークの軽さ素敵です。

このMVでもフットワーク軽いとこみせつけてますね。かわいくて最高。

 

STUTSならこれは外せないすね。「Changes feat.JJJ」

同じfla$hbacksで昨年に亡くなったFebbへの鎮魂の意味なんかも含まれてて、MVにもFebbがでてきてますね。(もちろんkid fresinoも)

けど亡くなっている人っていうのを感じさせない出し方で、トラックも爽やか湿っぽくなくて、なんか続いてる世界にいて過ごしてんだぜ、って感じしますね。

んでkid fresinoに子どもが生まれて、また続いてくみたいな。

とにかく爽やかで、けどパワーあってめっちゃ好きな曲。最高。

 

JJJ、ラップしてもトラック作ってもかっちょいいって、すごすぎる!

C.O.S.Aとkid fresino の間違いないコンビに、なんとコトリンゴ!!

まさかラッパーがコトリンゴと一緒にやるなんて、、しかもそれが死ぬほどカッコいいなんて!

たまらんです。

フューチャリング 力(りょく)ってありますよね。誰とどのタイミングでやるか・できるか、みたいな。

マジで完璧です。

 

 

これもマジでくらいましたね。またJJJ!

Campanella の声もかっちょ良すぎてズルい!

しかもゲストボーカルに EGO-WRAPPIN'の中納良恵さんですよ!

アダルトな雰囲気でたまらんです。最高。

さっきの曲のサンプリングをしてたりするのもシャレててたまらんです。

 HIP HOPな人が、ジャンルを越えていろんな人と一緒にやるって最高じゃないすか。

 

でましたこの3人。相変わらず最高ですね~!

「あーね、HIP HOPの成り立ちをラップしてく感じね!」って思ってたところにU-Zhaanのラップがいきなり来てめっちゃ笑いました。

タブラだけじゃなくて歌うんかい!めっちゃマニアックな内容やし。

この3人のライブ行ってみたいな~!

 

 

 この2人は間違いないでしょ~!

「ゆれる」ぶりのタッグですかね。かなりチルでセラピーです。最高。

 

EVISBEATSならこっちも。

音楽楽しんでるーって感じでいいですね~!パークで撮影してるのもなんかゆるくて好き。最高。

 

TENG GANG STARR かなりくらいました。

kamui と なかむらみなみ の二人のユニット。kamuiは「3-i」名義でMV制作とかトラックつくったりもしてるとか。

いや~、なかむらみなみは完全にやくしまるえつこさんと同じで、特殊な周波数の声の持ち主でしょ!(名前がどっちもひらがなで読みにくいね)

「ホームレス ふんわり鏡月」のとこあたりとかマジでたまらんです。

 

こっちが 3-i名義でトラックつくってるやつですね。めっちゃトラックかっこいい。

「波乗るなかむらみなみ」ってライン、めっちゃ最高じゃないですか?声に出して読みたい日本語ナンバー1!

 

どちらも笑うくらい波乱万丈な人生送ってます。
↓ このインタビュー記事おもしろかったです。リリックとかなるほどねって思う部分がでてきます。

いや~、残念なことに活動休止するみたいですね。けどそれぞれソロでシーンにいてくれたらうれしいですね。

 

ちょっと脱線ですけど、インタビュー記事ならこれもめちゃおもしろかったです。(インタビューってか座談会?)

PUNPEEさんの「タイムマシーンにのって」MVの制作の話とか仕込んでるネタとか、かなりボリューミーに書いてあって最高です。

(脱線おわり)

 

 

VaVa と tofubeatsって合わないわけないですよね。マジでこれ最高ですね。

tofubeatsが恋愛とか女性のことに関して歌ってるの好き。

まぁ、これっすね。

次あたりにBIMと一緒にやる気がする。てかめっちゃそれ聴きたいです。

あともう一回PUNPEEと一緒にとかも、、、、

 

世界一かっこいいオーイェーです。やっぱり5lack素晴らしいですね。ゆるいのにかっこいいっていうのにあこがれる。

 

まさかの韓国Hiphopです。K-hiphopっていうのかな?

MV含めていい感じですねー!個人的にはPaloalto のとことか、かなり好きです。

ていうか、こういう全員集合!みたいな曲ってなんかどれも好きなんですよね~。

 

ていうことで全員集合系を。

これだけMCがいて、だれがくわれてる・くってるってのがなくて、全員光ってるのヤバすぎる。梅田サイファーどうなってんだ、、、

個人的に、フリースタイルダンジョンでバイブスを出しまくってたpekoの声質とか大好きです。

 

全員集合系なら、まあこれは外せない。

もうsummitなんだからカッコいいに決まってる。こうやって一気に聴くと、メンバーそれぞれのヤバさが際立ちますね。

LIVEでこれ見たら興奮しすぎて死んじゃう。

 

最近知ったんですけどホントすごいですね「iri」。

この声質なんか、hiphopと混ぜちゃったら絶対かっこいいじゃん!って思ったら、すでに 5lackさんと一緒にやってて笑いました。しかもSTUTSさんからトラック提供とかもされてるし。

自分の好みはちゃんと一貫性があるんだって、ちょい嬉しくなりましたね。

Newアルバムの「Shade」もマジで最高ですね。最高。

 

いきなりのPizza Love。

初見でめっちゃ笑いました!この電話番号もホントに本人につながるらしくて、マジで最高ですね。これがリアルか!

ただのギャグラップじゃなくて中毒性がすごい。

 

Webクソさんです。これも最高に笑えるし、何度でも聴きたくなる。自由に楽しんでる感じがたまらんですね!

これにもドはまりしてます。最高のMVだよほんと。

んで、急にこんなのするから、めちゃくらっちゃうんですよ。

最後の「だから踊ろう。無言で。」っていうのにマジでくらいました。急にそんなことやらないでよ、、、最高。

 

 

ドガーっと挙げてった感じですけど、特徴的な女性ボーカルに琴線やられるのが多いみたいですね。

なんかフィメールラッパーみたいな枠組みがぶっ壊れるくらいに、みんな活躍してほしいって感じです。

って、まえの音楽記事の最後でもいってましたね。笑

なんかそういう時期なんでしょう。

 

気に入ったのとか、好きだよってやつがあったらマジ嬉しいです。

んで、なにかしらの形で音楽やってるひとに還元できるアクションができれば最高って感じですね。CD買ったりとか。

 

いい音楽がどんどんでてくるから人生楽しいって話でした。

 

ps. ↓アイキャッチ替えました。PAOからPROBOXに。

f:id:nakagawa_che:20190322230835j:plain



 

UKIUKI PARK にMTBで遊びにいってきました

MTB仲間であるshimizu君に誘われて、熊本は宇城市にあるUKIUKI PARKに遊びに行ってきました。(なんて安直なネーミング、けどそういうの嫌いじゃないよ、、)

 

上のリンクをみると分かるんすけど、スケボー・BMX・MTBであそべるパークがあったり、スノボーのジャンプを練習できるとこがあったりと、結構いろんな設備がそろってるアウトドア施設です。

 

僕は今回がほぼ初めてのパーク遊び。山に乗りに行くのと違って、おっかなびっくりで行ってきました。

 

f:id:nakagawa_che:20190225230840j:plain

おー!!

それぞれの名前はわからんけど 、いろいろある!(めっちゃアホみたいな感想)

写真に写ってないところに、レールとかステアとかもいっぱいあります。予想以上に広い!!

f:id:nakagawa_che:20190225230927j:plain

shimizu君のストリート仲間と一緒に楽しみました。みんな気さくな人でホント良かった。くまのプーさんがいますね。

この日僕は、乗り始めて5分でチェーン切れしちゃいました、、、

(いや、切れかけてたのは分ってたんですよ、、、ただ気づいたのが当日の朝やったんですよ、、、)

 

んで近くのチャリ屋さん行くかー、、、って思ってたところにリアウィンドウに「自転車修理」の文字が入った1台の車が、、、!!

ダメ元でチェーンあるか聞いてみたら、なんとあると!!たまたま別でチェーン交換の修理依頼があって、必要なかったけど念のためにシングル用チェーンも積んでたというミラクル!!!

いやー、なんかホント感動しました。

そんな素晴らしいショップ様のインスタがこちらです↓

熊本でBMXやグラベル的なのを、シングルにこだわってやってあるショップさんです。

マジでお世話になりました。

直ったし乗ろ乗ろー!!!

 

f:id:nakagawa_che:20190225230618j:plain

おー、斜め差しバニーホップ!お尻をリアタイヤから逃がして、高さをかせぐやつですね。

 

f:id:nakagawa_che:20190225230742j:plain

イケてるー!!これは180の途中かな?

エアー高いしバシバシ安定してトリック決めててマジでイケてた。

 

f:id:nakagawa_che:20190225230949j:plain

登りのペググラインド!BMXも楽しそうだな~、、

ちょっと乗せてもらって、低いレールでグラインド挑戦してみたんですけど、予想以上に難しかった!レールに乗ればいいってもんじゃないんやね、、、

 

f:id:nakagawa_che:20190225231003j:plain

 ひゅー!これ360の途中でちょうど後ろ向いてる瞬間です。

やっぱ写真じゃ伝わらんな、、、ということでgifを。

f:id:nakagawa_che:20190225230216g:plain

おー!!なんて軽々やっちゃうんだ。

GoPro Hero5 session と Feiyu の3軸ジンバル WG2の組み合わせで撮ってます。

f:id:nakagawa_che:20190225224940g:plain

バニホでボックスに乗ってからのマニュアル to 180!

ブレーキ無しでこういうのやるの、マジで研ぎ澄まされてるな~、、、

 

この日は自分もブレーキ全部取っ払って遊んでみました。(パークだからOKなわけで、街中だとダメだよ)

それで感じたのが、ブレーキがついてないと「こうやった次はこうしよう」みたいな流れをちゃんと考えないといけないなってことですね。

あとはブレーキに頼らずに自分の動きで何とかしないといけないから、いつもより体が動いてるような気がしました。気がしただけやも

 

まあ普段からブレーキレスで乗ってる人たちって、なんか感覚が鋭いみたいなとこあると思います。(もちろんパークの中だけの話ですよ、、、!)

 

僕はこの日、フロントアップバースピンをメイクできたのがめっちゃ嬉しかったですね!!エアターンもできるようになった!

あとは180を教えてもらって、自分のいままでの考え方が全然違ったって気づけたのが、大きい収穫でした。

他にもいろんなことをレクチャーしてもらって最高に嬉しかったです。

 

なんかストリートやってる人って、体をこう動かしたらバイクがこううごくから、、、みたいな感じで、しっかりとした理論で人にコツを教えたりするのがうまい気がしますね。やっぱりストリートとかトライアルとかは、普段の積み重ねみたいな面がより顕著にでてきて、乗ってるときにいろいろ考えながら乗ってるんだろうな~と思います。

 

山で乗ってる人なんかは、乗ってるとき意識がないですからね。(偏見)

勢いよく突っ込んだらいけるよ!!って人ばっかりだしね。(偏見)

 

まあなんとなく、乗ってて満たされる部分が違うのかなと思いました。

どっちも乗れるのが一番かっこいいから、どっちも頑張ろう!!

 

UKIUKI PARK  店員さんもすごくいい人オーラがでてたし、パークもおもしろかったです。スケボーやってる人たちを見てるだけでも面白いですね。

パークに遊びに行くときはプラスチックペダルでね!

 

ストリートもマウンテンもうまくなりたいぜーって話しでした。

 

余談)なんか僕がジャンプしたりしても、なんとなく山の人っぽい感じがにじみ出てしまって笑えました。山っぽい・ストリートっぽいってどこで違いを感じてるんだろう、、、フォーム?

新生Cleatにて焚火→ MTBトレイルライド

少し前の記事でも書きましたけど、 Cleat bicycle  が福岡の警固から僕らがMTBで遊んでるフィールドのすぐそば、佐賀の富士町に移転しました。

 

アーバンなところから急に山の中に移転した感じなんですけど、焚火し放題だしめっちゃ景色いいしで最高の場所です。

f:id:nakagawa_che:20190121234110j:plain

富士町、冬はマジで寒いんですけど、焚火のおかげで快適でした。

星がめちゃめちゃ綺麗に見えて「オリオン座の中にこんなたくさんの星があんのか!」って思いました。

ほんとにこの夜は最高に楽しかったしおいしかった。

 

f:id:nakagawa_che:20190121234427j:plain

朝起きたら、火の番人ことしょうさんが先に火をつけてくれてました。

f:id:nakagawa_che:20190121234633j:plain

朝から寝袋のまま焚火に当たれるって最高ですね。
てか焚火ないと寒くて死んじゃう。生きるための焚火ですね。

 

f:id:nakagawa_che:20190121234934j:plain

f:id:nakagawa_che:20190121235016j:plain

これが増永さんの新居になるらしいです。

予想以上のデカさ、それと状態の良さ。これは最高だなー!!

 

のんびりライドの準備をしたらトレイルへGO!

新Cleatからトレイルヘッド(トレイルの入り口)までは車で10分ちょいとかで着きます。マジで最高の立地です。

f:id:nakagawa_che:20190121235242j:plain

ちやのきエンデューロでも大人気だった茶畑トレイルをサクッと2本下りました。

相変わらず最高のトレイルです。

 

この日はGoPro Hero5 session と Feiyu の3軸ジンバル WG2を組み合わせて動画を撮ってみました。

結構それっぽい感じで撮れて楽しいです。

WG2はチェストマウントなんかでも使えるので、そっちの使い方もいろいろ探っていきたいです。

 

サクッとトレイルライドをしてCleatに戻ります。

f:id:nakagawa_che:20190122000324j:plain

Cleat の入り口。雰囲気ある。

f:id:nakagawa_che:20190122000433j:plain

中もいい感じですねー!これからいろいろ整えられていくみたいです。

f:id:nakagawa_che:20190122000543j:plain

Scout のブレーキのブリーディングをしてもらってました。

これでまたゴキゲンにライドできる。

 

f:id:nakagawa_che:20190122000904j:plain

ローテーブルが欲しいっていってもらえたんで、引っ越し祝いに送りました。

右下に Cleat のロゴ入りです。

 

新生 Cleat 。トレイルすぐ近くにあって、焚火もできて、こんな最高の場所ないですね。

そのうちパンプトラック&ダートジャンプを造る計画があったり、キャンプ施設をつくる計画があったりと、マジで今後の動きが楽しみです。

 

「とりあえずCleatにいけば誰かいるやろ」みたいな感じでショップにいって、だれか来るまで焚き火したり、パンプトラックで遊んだり、買い物したりして、んでだれか来たら一緒にトレイルライドいくみたいな。

んでそのまま夜はキャンプして、次の日もサクッとライドするとか。

最高じゃないすかー!!!

新生 Cleat bicycle   要チェキです。

 

 

ブログには書いてなかったですけど、ちょいちょいトレイルライドしてます。

f:id:nakagawa_che:20190122002005j:plain

2018年の乗り納めはホームトレイルで。

f:id:nakagawa_che:20190122002323j:plainダイスケ、BABAくん、久保。この写真それぞれアホっぽくていいな。

この日は少しだけ雪がちらついていて最高の雰囲気でした。

f:id:nakagawa_che:20190122002044j:plain

貴重なFocus乗り。

 

この日はいい感じの左コーナーで少し繰り返し練習をしました。

f:id:nakagawa_che:20190122002257j:plain

ダイスケ

いいじゃーん!ここの左コーナーは引っ掛けるところが結構浅くて、なかなか難しいし少し勇気が要りますね。

こういう何気ないところのこなしが上手くいくと、グッとトレイルライドが楽しくなる。

f:id:nakagawa_che:20190122002235j:plain

VaVaくん

おー!少し滑ってるのがわかる!フォームがキレイやね。

f:id:nakagawa_che:20190122001847j:plain

久保

ほーん。まぁまぁいいやん。

こういうリーンアウトでチャリを屈服させる走り、いいすね。

 

f:id:nakagawa_che:20190122191447j:plain

最近はフルサスのScoutじゃなくて、ハードテールのPBJでトレイルライドするのにハマってます。

プラスチックペダルでタイヤはsmall block eight フォークのストロークは100mmと完全なるストリート仕様なんですけど、ピーキーに動いて最高に楽しいです。

普段フルサスでどれだけ楽してたか身にしみますね、、、

 

これから暖かくなっていくし、動画とかも撮りつつMTB楽しんでいこうと思います。

そんな感じです。

 

 

Transition Fes in TOXトレイル

 この前、11月11日にTransition Fesっていう、いわゆる試乗会的なやつがTOXトレイルで行われまして、いってまいりました。(いまさら書くなよってくらい昔の話ですね、、、)

 

ちなみに2017年に同じくTOXトレイルで行われた試乗会の記事がこちらです。


上の記事でも書いてますが、TOXトレイルはオフィシャルなトレイルというわけではなく、あくまでもローカルなトレイルです。

 

それゆえいくつかのルールがあります。

前も書きましたけど、もう一回書きますね。(テストにでるやつ)

 

1、走るときはローカルに連絡をして一緒に走ろう!

2、地元の人の信用を損ねるようなことはしないように!

3、場所が特定できない写真、動画のアップはOK!

GPS情報をあげたり場所を教えたりはやめましょう)

 

ようはお友達になるところから始めて、一緒に楽しみましょうねって感じです。

内輪だけで楽しもうぜっていう排他的な感じではなくて、ローカルトレイルという絶妙なバランスの上に成り立っているところを維持するためには、最低限のルールかなと思います。

 

実はこのルールを参考にして、チアーズトレイルのイベントでも、こんなのを配布しました。

f:id:nakagawa_che:20181216215821p:plain

これも排他的な感じじゃなくて「みんなでMTB楽しんで、イケてるって思われようぜ!」みたいな感じが伝わればいいなと思って作りました。

こういうルールが一応ありますんでなにとぞ、、、

 

まあとにかく乗りまくりましょー!!

 

f:id:nakagawa_che:20181216220503j:plain

たまには自分のバイクをのせます

Transition Bikes 2016年モデルのScoutです。めっちゃコンパクトに見えるけど一応27.5

この前買ったと思ったら、もうそんな昔のモデルなんですね、、、自転車の悲しい宿命。

Transition の2台持ち(ScoutとPBJ)の僕はドヤ顔でこのイベントに参加しました。

 

f:id:nakagawa_che:20181216221452j:plain

FOCUSのJAMが2台!レアい!  久保とばば君のですね。

もちろんTransition 以外のバイクでも参加OKでしたよ!石投げられたりしません!!

 

f:id:nakagawa_che:20181216221807j:plain

なんと参加者全員にオリジナルステッカーのプレゼント!

「PARTY IN THE WOODS」 じゃなくて 「PARTY IN THE TOX」!

これ最高!

 

まあTOXトレイルの楽しさは、言わずもがななんですが、今回のイベントちょっと楽しすぎてあんま写真撮ってないです。

数少ない写真を貼っていきます。

 

f:id:nakagawa_che:20181216222450j:plain

SHIMIZUくん!!

今回、誘って一緒に参戦した大学生。ストリートばりばり上手い彼はMTBにもすぐ順応して、ゴキゲンに乗ってました。僕のSCOUT気に入ってくれて嬉しいな。ストローク短くてフロント上げやすいバイクなんで若者に人気です。

また乗りに行こう!

 

f:id:nakagawa_che:20181216222552j:plain

Transitionの供給パーツであるANVLのバーハンドルとかサドルも販売されてました!

Transitionのキャップやらシャツやらのアパレルがまたイケてるんすよね。ネルシャツ買っちゃおうかな、、、

 

f:id:nakagawa_che:20181216223306j:plain

TOXトレイルはコースの造りこみが半端じゃないのは、言わずもがななんですけど、コースの脇にある憩いのスペースも気合が入ってます。

あんなガーランドがかかってたり、おしゃれすぎる!!

このスペースではお昼ご飯のカレーを作ってくれていました。

f:id:nakagawa_che:20181216223653j:plain

このカレーがまた、めちゃめちゃおいしいわけですよ!

TOXトレイル乗れて、ステッカーもらえて、めちゃおいしいカレー食べれるイベントって最高すぎる!

 

お昼ごはんを食べたら、みんなでかなり上のほうまで押し上げ。

f:id:nakagawa_che:20181216224420j:plain

写真じゃ伝わらないですけど、普通の登山でも急だなっておもう勾配のとこを、MTB押しながらひたすら登りました。みんなほぼゾンビ状態。

f:id:nakagawa_che:20181216224641j:plain

それでも登れるのは、ここの下りが死ぬほど楽しい予感しかしないからでしょうね。

 

実際に本当に最高でした。TOXトレイルのセクションって「いけるの?!いけなくない?!うあーいけたー!!」みたいな絶妙なレベルに造ってあります。(もちろんいけない人ようのエスケープもある)

なんで普段の乗りなれているトレイルなんかでは味わえない「試されている感」っていうのがありますね。またそれをクリアしたときが最高!!

みんなでギャーギャー言い合いながら下っていくのが本当に楽しかったです。

脳みそ融けるかと思った。

 

個人的にはMOMOが「安全設計です!!」って言うけど、全然信用されないって流れが最高にツボでした。

なぜ信用されないかというと、、、、

f:id:nakagawa_che:20181216230747g:plain

 こんなバカでかいドロップを平気でいっちゃうような人だからです、、、

これは本当に見てて興奮した!Transition Airlineのメンバーは違うな、、

f:id:nakagawa_che:20181216231003j:plain

 アプローチこんなんですからね!完全に天国への道じゃん!!

いや~、これを思いつくのもすごいし、造るのもすごいし、実際にいっちゃうのもすごい、、、

自分のなかのリミットが少し壊されました。ありがたい。

 

TOXトレイル、他にもいろいろグレードアップしてました。

自分もちゃんとDIGと向き合おうと思いなおされましたね。本当にTOXトレイルのローカルメンバーのみなさんは、MTBを最大限に楽しんでるなと改めて思いました。

 

 僕はこの日、めちゃめちゃ乗ってたくさんこけて、2回もパンクをメイクしましたけど、ケガがなかったし最高でした!!(ばばくん動画ありがとう!)

 

もしかしたら、またTOXトレイルでイベントあったりするのかな?!

あったら絶対いきたいです。

とにかくMTB最高って話でした。