チェブログ-福岡マウンテンバイク友の会

CHE BLOG

チェブログ-福岡マウンテンバイク友の会 中川チェのブログ

福岡MTB友の会の中川チェです。MTBのDIGとかRIDEとかその他いろいろ書きたいです。

 福岡MTB友の会 中川チェのブログ
 タイトルをクリックorタップで続きが表示されます。
FMTK     MTB SANPO DIY 音楽

最近聴いてるやつ ほぼJ-HIPHOP

どうすか。音楽聴いてます?

なんか色々と大変な時期ですけど、アーティストの皆さんはガンガン新しいものを作ってくれてて、本当にありがたいなって感じです。

最近聴いてるやつをドバーっとまとめる、定期的なやつです。

古いの新しいのごちゃ混ぜす。

ひとつでも琴線に触れたり、好きだよってのがあったら嬉しいなって感じです。

 

TAMTAMと鎮さんです。

このご時世で人がいない街をMVに使っているのがいい感じすね。ほんとにサラリとしてて洒落てる。かなり最高です。

鎮座dopenessは実はかなり美形ですよね。このMVでは角刈りがフードで隠れててイケメンがあふれ出てます。笑

 

5lackさんです。もう変わらず最高ですね。

なんか、このご時世だけどちゃんと未来も見ていこうぜ、みたいなのを感じてたまらんですね。5lackのdopeな感じの曲ももちろん大好きなんですけど、こういう爽やかなのも大好きです。昔だとFragmentのトラックでやってるやつとか。

この曲はDL販売されて、それによって得られた収益は子どもたちや困難を強いられている人たちへの支援資金になるそうです。「きみのみらいのために」ですね。素晴らしい。

 

 

メンツが豪華すぎる!

個人的にはR-指定のバースのフロウがかなりヤバいなって思います。creepy nutsでは比較的にキャッチーな曲をやってて、時々こういうテクニック爆発した曲をやるの、かっこよすぎる、、、

 

 

釈迦坊主、最近狂ったように聴いてました。ほんとにかっこいい。

釈迦坊主とOKBOY,Dogwoodsの組み合わせはいいに決まってる。最近リリースのスピードがめっちゃ速くて嬉しいです。なんか釈迦坊主ってただ聴いてるだけだと何言ってるかが分かりづらいんですけど、一回歌詞を見ると、とたんに聴こえはじめるから不思議です。

 

せっかくなんでこっちも、、、

いやー、イケてる。

 

 SOULFLEX、洒落てる~!!

11人のメンバーで、中にSIRUPもいます。

この気だるさが最高にいいっすね~!!

 

PizzaLoveです。GALFYの続編がまさか出るとは、、笑

しかも輪入道さんいますからね。

もうPizzaLoveはギャグラッパーとかじゃなくて、普通にかっこいいラッパーですね。フロウとか独特すぎて最高。唯一無二ですね。個人的にはリアルさとか、生活に密着してる感じとか、KOHHに近いものを感じてます。

 

ちょっと脱線ですけど、外出自粛期間中に色んなラッパーがTOKYO DRIFTのビートジャックしてたの、かなり熱かったですね。

 

日本はANARCHYが先陣を切って、

AWICHや

JP THE WAVYと、かなり豪華なメンツが参入してます。

TERIYAKI BOYZが出てきたとき自分は中3で、めっちゃドはまりしてました。まさか2020年にこんなのが聴けるなんて、、、あのころの自分に教えてあげたいです。

Pizza Loveもビートジャックしてるんですけど、このメンツに負けず劣らずかましてて最高です。

自宅のリアル感、リリックのリアル感が最高ですね。

 

Pizza Love繋がりじゃないですけど、個人的にずっと気になってる、なかむらみなみです。

僕は知らなかったんですけど、ビートを提供してるRoskaはUKファンキーという音楽シーンの中で、かなり重要な存在のDJみたいです。餓鬼レンジャーといいRoskaといい、すごい人たちのアンテナにひっかかってるので、やっぱりなかむらみなみはヤバいんだと思います。この曲もかなりイケてる。

 

かっこいい女性つながりで。

かっこいいー!!!!声質・ファッション・立ち振る舞い、すべて1つの芯が通ってる感じがして最高です。最近はフリスタバトルにレゲエ界隈の方々も参戦したりして、HIP HOPとRAGGAEが混ざり合ってる感じがして楽しいです。

 

この曲とかまさにそれですね。

それぞれのジャンルのあるあるをお互いに解説していくっていう構成なんですけど、それぞれ短く切れたバースの中で、がっつり個性をだしてるのがすごいっすね。なんかこれからもジャンルを超えた作品が出てきたら最高ですねー。

 

フリースタイルバトルで常に注目を集めてるGOMESSです。

彼が自閉症ということも、この曲のことも最近やっと知りました。このリアルをぶつけてくる感じがすごいHIP HOPな感じがしたし、この曲は同じように悩んでる人にとって、すごい大きな力になるんじゃないかなと思いました。かなりくらいました。

 

Pistachio StudioからCBSです。

CBSがハチャメチャに売れない世の中はおかしいと思います。

いやかっこよすぎるでしょ。すべての曲がカッコいいんでぜひ聴いてみてください。マジでかっこいい。

 

うわー!!かっこいい!!

え?ここがサビかな、、?おう、やっぱサビよね、、お、おー!!大サビ?!みたいな曲の展開が最高に気持ちいいです。(聴けばわかる)

なんかまだ19才らしいじゃないですか。爆発してますね天賦の才。

 

TOCCHIです。

唾奇とやってるSwingがけっこう有名だと思うんですけど、この曲がホントにたまらんです。リリックがスッと入ってくる感じがたまらん。

 

最後にアマテラスです。

フリースタイルバトルのときとかも、お金持ちネタを続けてて好きだったんですけど、この曲も自分のキャラクターを最大限に生かしてて最高。

なんかどの世界でも自分のスタイルを確立してて、それをブレずに持ち続けてる人って最高ですね。自分もそうありたいもんです。

 

ドバーっとあげていきましたけど、こんな感じです。

ひとつでもオッて思うのがあったら嬉ションです。こんなご時世でもたくさん曲をドロップしてくれるアーティストの皆さんに感謝です。

音楽聴いて頑張っていこうぜって話でした。

しいたけの菌打ちしまくった話

しいたけの菌打ちをしまくった話なんですけど。

このブログに頻繁にでる久保と、スタバとかで定期的にだべるんですけど、よく話す話題の一つに「手間かからなくて、儲かって、かっこいい感じの副業ないかな~」っていうのがあるんですよ。

そんなことを考えてるうちに、原木しいたけ栽培ってのがいいんじゃないか、って感じになりまして、やってみた感じです。

 

まずは原木を確保するところから始まりました。

いろいろな方に、原木栽培に最適なクヌギの出物があったらお願いします、、、とお声がけした結果、なんと衝さんから、クヌギのいいお話が、、!

 

f:id:nakagawa_che:20200430233230j:plain

火の番人 衝さん  コジローの飼い主

チアーズトレイルのファイヤーピットなんかは全部この方の作品です。動物と子どもに異常に懐かれる。

 

クヌギが手に入るだけでもありがたいのに、家の近所だったんでホント最高です。

 

f:id:nakagawa_che:20200430234434j:plain

プロボックスの積載量はマジで頼もしい。

積めるだけみっちり積んで、3往復分のクヌギを頂戴しました。

f:id:nakagawa_che:20200501000647j:plain

ちょっと怖いぐらいの量、、、

晴文くんがアスレチックみたいにして遊んでました。

 

しいたけの菌はドクターモリの290(ニクマル)ってやつにしました。

近所のナフコに通販より安い価格で売ってた。

 

ちなみにドクターモリ、オリジナルラインスタンプもあります。

 

僕は買いました。使いどころがなさ過ぎてグッドです。

とりあえずはこの菌コマを打ち込むための穴を、原木にあけまくります。

ドクターモリが販売してる Φ9.2mmの専用のキリは、ちょうどいい深さの穴があけれるようにストッパーがついていて、めっちゃ作業性がよかったです。

けど Φ9mmのキリでも菌コマの打ち込みは可能でした。

 

菌コマの間隔はこんな感じです。

 

f:id:nakagawa_che:20200501001350j:plain

大体1ハワイくらいです。円周方向の間隔は、まぁなんかいい感じくらいにしてます。

もうちょい密度高く打っても良かったかもですけど、死ぬほど太い原木とかもあって、どんだけ菌コマが必要なんだよってなったんで、このくらいの間隔です。

穴をあけてすぐに菌コマをハンマーで打ち込みます。

 

久保と一緒に、もしくは一人で、ひたすら菌打ちしてました。 

f:id:nakagawa_che:20200501224908j:plain

オレのヒゲがマックスでもじゃもじゃの時だ。

電動インパクト2つもってて良かった。1つは大工だったお爺ちゃんの形見です。

ハンマーもなぜか2つ持ってたんですよ。なんで2つもあるんだよ、ムダな買い物しやがってオレ~!っていつも思ってたんですけど、何年か越しの伏線回収ができました。

オレの行動にはすべて意味がある。

 

晴文くんもお手伝いしてくれました。

f:id:nakagawa_che:20200501225756j:plain

とにかく、この穴あけ→菌コマ打ち込みの作業をひたすらやりました。

 

f:id:nakagawa_che:20200501225943j:plain

菌打ちをした木は、こんな感じで積んで、一応シートをかけときました。

なんか仮伏っていうらしいです。

f:id:nakagawa_che:20200501230623j:plain

結局2000コマの菌を打ち込みました。なかなか大変だった、、、。

ほんとはここから本伏っていうのをして、最後にホダギ起こしっていう木を起こした状態にするらしいんですけど、めんどくさかったから、いきなりホダギ起こしをしてます。実は結構前に原木椎茸の菌打ち・栽培をやったことがあって、その時は仮伏も本伏もなくて、ふつうに椎茸がボコボコ出てきてたんで、まぁ大丈夫だろってかんじです。出なかったらどうしよう、、、笑

 

f:id:nakagawa_che:20200501231313j:plain

こんな感じで木杭を地面に刺して、その上に垂木を乗せてから原木を立てかけてます。

地面には防草のためにウッドチップを敷いてます。これは富士町にある木工所からいただいたものです。ほんとに感謝です。MTBで繋がったいろいろな関係にいつも助けられてます。

 f:id:nakagawa_che:20200513234047j:plain

地面に塩ビパイプをさして、その中にステンレスパイプを差し込んでポールを立てました。んでそこに遮光シートを張って、一応完成です。ポールは差し込んでるだけなんで、台風なんかの時はすぐに畳めるような作りになってます。

かかった費用としては、菌の値段も入れて全部で25,000円ちょいくらい

になりました。2000コマともなると菌の値段がなかなか、かかりますね、、、

 

 

f:id:nakagawa_che:20200513234212j:plain

2階からの写真。なんかそれっぽいじゃないですか~。

日の光が強く入りすぎてるような気もするんで、遮光シートを追加して2重にするかもって感じですね。来年にはたくさん椎茸が収穫出来たら嬉しいな~。売り先とかパッケージとかは収穫出来てから考えます。楽しみです。

畑もちょいちょいやってるんで、そっちもそのうちに紹介できたらと思います。

椎茸やりましたって話でした。

ピアジオ チャオ(モペッド)を手に入れて全塗装しました

ピアジオ(piaggio)っていうベスパとかつくってるイタリアのバイクメーカーがあって、そのメーカーのチャオ(ciao)っていうバイクを買いました。バイクなのに自転車みたいにペダルがついてて、エンジン始動の時はペダルを漕ぐっていう、変なバイクです。モペッド(moped)っていうジャンルらしい。

前の職場の一緒の部署で仕事をしてた戦友が、かなりのディープなバイクマニアで、その戦友から1万円という破格で売ってもらいました。

 

もう完成形の写真を出しちゃうんですけど、こうなりました。

 

f:id:nakagawa_che:20200411233504j:plain

家の近所の八女大茶園にて撮影。イタリアの風、感じるよ。

全部バラバラにして塗装しました。もう二度とやりたくない。

塗装はアスペンラッカーのシルバーグレーっていう缶スプレーで塗装してるんですけど、普通に白にしか見えませんね。純正色で白があるんで、せっかくならもっと違う色にすればよかったな、、、

けどマットのクリアをふいてるんで、実際見るとちょっと雰囲気は違うはず。

f:id:nakagawa_che:20200411235842j:plain

タンクにはお得意のテキトーステンシルをシュシュっと。

f:id:nakagawa_che:20200411235758j:plain

クリアファイルがあれば作れるっていうお手軽さなんで、おススメです。

f:id:nakagawa_che:20200411235944j:plain

元の姿はこんな感じでした。(息子が中国雑技団みたいな感じで乗ってる)

メッキ個所にサビが来てたり、雨水が溜まりやすいところが腐食してたりはあったんですけど、エンジン回りはめっちゃいい感じでした。

バラシてみると分かるんですけど、すごい収まりのいい設計というか、とにかく最小限でコンパクトにっていう感じの設計で関心します。

キャブとかシンプルすぎて笑いました。

f:id:nakagawa_che:20200411235558j:plain

左の奴がエアフィルターなんですけど、茶こしみたいなのが入ってるだけなんですよ。

絶対これスポンジみたいなやつが入ってるべきだろ、と思って調べてみたけどこれで正解らしい。その潔さよし。

f:id:nakagawa_che:20200412000041j:plain

これは今後チャオをバラすかもしれない、どこかの仲間に伝えたいことなんですけど。ウインカーを固定してるとこ、めっちゃ固いよな。こういう感じで、ホースバンドとゴムシートを組み合わせて締め上げたうえで、モンキーレンチとかで緩めると楽だよ。

f:id:nakagawa_che:20200412000147j:plain

あとフロントサスを取り付けるとき、めっちゃ大変だよな。こういう感じでタイラップで締め上げてバネを縮めた状態で取り付けるとめっちゃ楽だよ。めげるな。

あの日の自分に伝えたかったメッセージでした。誰かの役に立ってくれたら成仏できる。

f:id:nakagawa_che:20200411235630j:plain

純正のタイヤサイズは2.0-17 なんですけど、リアタイヤは2.25-17のタイヤに交換してみました。フェンダーとのクリアランスはぎりぎりですね。

ホントはもっと凶悪そうなオフタイヤを履かせたかったんですけど、クリアランス的にちょっとオフっぽいぐらいのタイヤになりました。

フロントはクリアランスの制約がないんで、凶悪なタイヤを履かせるつもりです。

f:id:nakagawa_che:20200411235711j:plain

(私有地、庭で撮影)

ベトナムで買ったシャツがめっちゃ合う。

こんな感じで乗りこなしていきたいと思います。

 

ベルトの交換とキャブのクリーニングをしたのがよかったのか、買ったときよりも最高速が伸びたし加速が鋭くなった。(といっても国産の2stスクーターの方が100倍くらい速い)

乗ってるときにめっちゃ見られるし、エンジンをかけるときにペダルを漕ぐのがめっちゃシュールだし、上り坂では漕いでアシストしてあげないといけないし、エンジンの振動でお尻がかゆくなるし、、、、、ほんと最高のバイクです。

デメリットがすべて可愛く思えてしまう点に関しては、昔乗っていた日産のPAOを思いだします。

車体が40kg程度とすごい軽くて扱いやすいのも魅力です。MTBみたいにタイヤロックさせて遊んだり、ちょっとしたギャップで少し飛んだり、ウイリーしたり、そんな楽しみ方ができます。

ちょっとした林道とか行くのもいいな。今度やってみよう。

 

僕が高専の機械化出身なんですけど、今までまともにバイクをいじったことがなくて、学生時代にリトルカブをカスタムしよう!って思ってやり始めたけど、途中で挫折しちゃったっていう悔しい思い出があるんですよ。なんとなくそれが自分の中でモヤっと残ってたんですけど、今回ピアジオ チャオの全バラシand全塗装をやり遂げることができて、そのモヤっとが10年ごしに解消されました。

オレはバイクをいじれるんだぞ!しかもイタリア車だ!!(半分チャリみたいなもんだけど)

腐食したところをパテ埋めしたり、塗装のために全部サンディングしたり、ほかにもいろんなトラブルは起きて死ぬほどめんどくさかったけど、やってよかった。

パーツもめっちゃ安く手に入るんで、これからもちょいちょいイジっていきます。MTB乗りっぽいカスタムをしていけたらいいな。

 

 

とにかく一家に一台、ピアジオ チャオ。おススメですって話でした。

 

DIG&RIDEイベントinチアーズトレイル

そういうイベントをやりました。

これは3/8にやったので割と最近のことですね。

f:id:nakagawa_che:20200326000522j:plain

かわいいコジローの写真を告知画像に使わせてもらいました。

ライディングスクールがいい感じに反響あったんで、今度はDIG(コースの整備)を絡めたイベントをしようぜって感じです。

f:id:nakagawa_che:20200326001900j:plain

またまたありがたいことに予想を大きく超えて、20人以上の方に来てくれました。

毎回3人くらいだったらどうしよう、、、と思っているから、ほんとにうれしいです。

軽く顔合わせをしたら、さっそくチアーズにGO。

 

f:id:nakagawa_che:20200326002217j:plain

( FOTOGRAFIA)

この日はベテランの方から、この日MTBに初めて乗るっていう初心者の人まで、幅広い年代・スキルの人が集まりました。

3チームくらいに分かれて、DIGをやりなれている人が指揮をとって作業を進めていく感じでやりました。

f:id:nakagawa_che:20200326002227j:plain

( FOTOGRAFIA)

前日が雨でコース上も少し湿ってたので、あまり大規模な改修はしていませんが、枝払い・やせたコブやバームの盛りなおし・水切りの作り直し、などの作業を行うことができました。めちゃ捗った。マンパワー偉大。

とくに水切りの作り直しは、前日が雨だったので水が溜まりやすいところ、流れているところが分かりやすくて、的確な作業ができました。

チアーズトレイルはコース上に水があまり流れないよう考えて水切りを造っているので、大雨があってもあまりダメージがなく、そんなに強い雨じゃなかったら次の日にも普通に乗れちゃう感じになってます。

コースを長く楽しむために、すごい重要なことだと改めて思いました。

f:id:nakagawa_che:20200326002446j:plain

f:id:nakagawa_che:20200326002618j:plain

この日初めましての人も、一緒に作業してるといろんなことを話せて楽しい。

んでDIGを自分の手ですることで、そのコースの走り方が何となく分かってきたり、おもしろいラインが見えてきたりします。多分。

RIDEが上手い人って大体DIGも上手いんですけど、なんか本質的には同じことなんだろうな~とか思います。

あとDIGしてると、コースとかトレイルを維持する人たちにリスペクトの気持ちがでてきますね。実際やるとめっちゃ大変なのが分かるんで。

だからっていって、タイヤをロックしたりカッティーズをせずに丁寧に走ろう、っていうのはまた違うなと僕は思ってて、特にチアーズを走るときなんかはカッティーズとかして、タイヤ滑らせまくって楽しもうぜって思ってます。

変な位置でタイヤ滑らせなきゃそんなにコース痛まないし、その分DIGもするぜってほうがカッコいいと思う。

 まあその場所でのルールがあると思うんで一概には言えんとばってん。

 

f:id:nakagawa_che:20200326002320j:plain

かわいい妖精がいました。たぶん僕にしか見えてなかったと思う。

f:id:nakagawa_che:20200326002818j:plain

足元にはFIVE TEN。

f:id:nakagawa_che:20200327155407j:plain

またはRIDE CONCEPTS。

f:id:nakagawa_che:20200328002359j:plain

( FOTOGRAFIA)

踏み踏みしてバームを固めます。

 

f:id:nakagawa_che:20200326003116j:plain

( FOTOGRAFIA)

DIG道具、結構そろってるんで道具がない方も気軽にDIGできます。

けど自分のDIG道具を持ってると、何となく一つ上のMTBer になった気分になるんで、スコップとレーキあたり持っとくのがオススメです。

 

f:id:nakagawa_che:20200327155103j:plain

DIGが終わったら焚火を囲んでお昼ご飯。

暖かくなって焚火がいらなくなるのが寂しい、、、

 

f:id:nakagawa_che:20200326002950j:plain

薪割り体験をしてもらうために、いい太さのクヌギをもってきました。

この写真だとへっぽこに見えますけど、ちゃんと割れてたので驚き。

 

f:id:nakagawa_che:20200327155209j:plain

結局最後は普段から薪割りしてる増永さんが全部きれいに割ってくれました。いい形に割ってもらってありがたい。

薪割り結構盛り上がったんで、イベントの時はまた持ってきます。

 

f:id:nakagawa_che:20200326003408j:plain

 お昼ご飯のあとはみんなでライド。

お昼からめちゃくちゃいい天気になって、コースコンディションも最高だし、めちゃ楽しみました。

なんかこの写真、モノクロの中にオレンジが映えていい感じだな。

f:id:nakagawa_che:20200328001401j:plain

この日がMTB初ライド、とのことだったんですけど、少し基本を教えたらすぐにスムーズに乗れるようになってました。

そのうちレースとかにもでたいとのことなんで楽しみ。

f:id:nakagawa_che:20200328002349j:plain

( FOTOGRAFIA)

髭もじゃが僕です。

軽くスクール的なのをして、一緒にライドとかしました。やっぱみんなで走ると楽しい。

f:id:nakagawa_che:20200328002343j:plain

( FOTOGRAFIA)

久保、レーシーなジャンプでいい感じ。

SMITHのミラーレンズめっちゃ見やすいみたいです。f:id:nakagawa_che:20200328002405j:plain

( FOTOGRAFIA)

f:id:nakagawa_che:20200328002410j:plain

( FOTOGRAFIA)

でた!INOICHIブラザーズ!

兄弟そろってスタイルがイケすぎ。そのまま突っ走ってほしい。

f:id:nakagawa_che:20200328003456j:plain

ライディングスクールから続けて参加していただいている方もいて、めちゃ嬉しいです。

f:id:nakagawa_che:20200328002354j:plain

( FOTOGRAFIA)

うおー!かっこよく撮ってくれて嬉しい!

 

DIGを絡めた今回のイベントもいい感じでした。

なんかDIGがこれだけできる環境自体が貴重だよ、と関東の方から転勤で来られている柴田夫妻から言われたのを思い出しました。(どちらもMTBに狂ってる最高の夫婦)

確かに地元の方々の許可を得て、何なら協力までしてもらってコース造りをできる環境って、改めて考えたらすごいありがたいことです。

いろんな形で恩返ししていきたいなと今一度思いましたね。とかね。

 

今度はチアーズ以外のトレイルでやるとか?あると思いますんで、facebookの「福岡マウンテンバイク友の会」ページをチェキ願います。

 

MTBライディングスクールinチアーズトレイルやりました

めっちゃ久しぶりの投稿ですね。

なんかいろいろリフレッシュする期間でした。

この間に家が建ったり、MTBイベントしたり、転職したり、息子が2才になったり、ベトナム行ったり、バイクを買ったり、椎茸の菌うちしたり、、、書きたいことはたくさんあったので、今後はさかのぼりながらいろいろ書いていきます、ので時系列はめちゃくちゃですけど、仕方ない。

 

とりあえずはタイトルに書いてあるように、

f:id:nakagawa_che:20200323204437j:plain

2019年12月15日に、MTBのライディングスクールを富士町のチアーズトレイルにて行いました。(もう去年の話なんだけどね、、)

f:id:nakagawa_che:20200323204520j:plain

当日はまず富士支所に集合。

予想を大きく超える方に来てもらって、完全にローカルはビビってます。笑

f:id:nakagawa_che:20200323204531j:plain

チアーズトレイルに向かう前に、チアーズトレイルの成り立ちや、トレイルを走るうえでのルールを説明しました。

SNSに位置情報アップしないでね、とかの基本的なことすね。

説明と軽いローカル紹介が終わったら、いざチアーズ。

 

今回はライドの前に、ハンドルの握り方や、基本的なフォームに関しても講習を行いました。

「ハンドルの握り方ぐらいわかるよ!」って思うかもしれませんが、意外と正しく握れてない方が結構いて、自分もその1人でした。

f:id:nakagawa_che:20200323205706j:plain

この写真を見ると分かるんですけど、ハンドルに対して手を斜めにして握るのが、いい感じの握り方とされています。

こう握ることで肘が外に出て、ライド中の衝撃を吸収しやすくなります。

逆にハンドルをまっすぐ持つと、肘が内に入ってしまって、乗りにくいしめっちゃかっこ悪いです。

けどストリートの人とかは、ハンドルのかなり内側をまっすぐ握ってることが多いですよね。ストリートだとなんかかっこいい。バースピン系のトリックがしやすいんかな、、、

 

基本的なフォームの確認(前加重・後加重の練習とかも)が終わったら、上からみんなでセクションごとにライドしました。

コブをこえるときの「加重・抜重」のやり方や、バームでのフォームなんかは、やっぱり上手い人のライドを見て、そのあと自分でやってみるっていう練習方法が一番いいですね。

なんなら自分のライドしてる姿をムービーで撮ってもらって確認する、っていうのが一番いいと思う。今回のスクールではそれをやりました。

自分の予想以上に体が動いていなくて、あんまりカッコよくないことに愕然としちゃうけど、それがライドスキルの成長に必要だと思います。

 

f:id:nakagawa_che:20200323205057j:plain

f:id:nakagawa_che:20200323205111j:plain

f:id:nakagawa_che:20200323205123j:plain

f:id:nakagawa_che:20200323205137j:plain

f:id:nakagawa_che:20200323205152j:plainf:id:nakagawa_che:20200323205458j:plain

同じバームでも人によって微妙にフォームやラインが違うの面白いですね。

バームを上まで使う人もいれば、下で曲がる人もいて。

なにが正解とかじゃなくて、ある程度の基本を押さえてたら、安定して走れて楽しかったらいいんじゃないと思います。あとカッコよかったら。

 

f:id:nakagawa_che:20200323205044j:plain

久保先生のお手本ライド。(ムカつくけどきれいなフォーム笑)

肘が外にでてて、目線が先を向いていると安定して走れるのはもちろん、写真を撮られたときにかっこいです。

今回のスクールでは「写真を撮られたときにかっこいいフォームを目指そう!」みたいなテーマがうっすらあったような気がします。f:id:nakagawa_che:20200323205514j:plain

これっすね。なんか凛々しい感じじゃないすか。

f:id:nakagawa_che:20200323205445j:plain

まあ、結局は楽しんでライドするのが一番!f:id:nakagawa_che:20200323205429j:plain

めっちゃ気持ちの分かるこけ方!

グッとプッシュいれた結果のこけ方だから最高だと思います。

f:id:nakagawa_che:20200323205203j:plain

めっちゃ倒れてる!(こけてる最中です、、、)

イン側にこけれる人、素敵です。

 

f:id:nakagawa_che:20200323205348j:plain

いい感じのフォーム!!

f:id:nakagawa_che:20200323205306j:plain

いい突っ込み!

色んなMTBをみれたのもすごい楽しかったです。最新機材からちょっとオールディーズなものまで。最新機材のほうがそりゃあ乗りやすいですけど、自分の好きなバイクに乗るのが幸せだと思います。

自分のこだわりと相談して、いい感じにアップデートしてって、ライドとスタイルのバランスをとるのが大事なんかな、とか思ってました。

f:id:nakagawa_che:20200323205253j:plain

いい笑顔!個人的にめちゃリスペクトしてます。

ちやのきエンデューロのガイドツーリングクラスで参加していただいた方なんですが、なんといっても楽しそうにライドをされる!

そして誰よりもたくさん乗ってました。自分もいつまでもこうありたいと思いました。

元からいろんなセクションをそつなくこなすスキルがあったのですが、今回のスクールでさらに進化していました。全体を通してとてもスムーズなライディング。

 

f:id:nakagawa_che:20200323205219j:plain

なにはともあれ、めっちゃ楽しかったです。

なんか結構いいイベントだったんじゃないかなと思います。ローカルの僕たちがめちゃくちゃ楽しんじゃいました。

意外とこういうライディングスクール的なイベントってないから、何回かしていいような気がします。

 

やっぱり上達の近道としてあるのが、

上手い人のライドを見てみる

→同じセクションを何回か走ってみる

→ムービー撮って確認する

→現実と理想のギャップを埋めていく

だと思うんですよね。

けどこれって一人だとすごい大変だし寂しい。

だからスクールっていう感じで、みんなでそれができるのがいいんじゃないすかね。

んでライダー同士でつながって、一緒にライドしに行くとか最高じゃないすか。

 

またやると思いますので、チアーズトレイルのfacebookページをチェキお願いします。

今回、僕の写真はなしです。かなしい、、、

てかブログもこれからちゃんと定期更新しますので、チェキお願いします、、、

 

f:id:nakagawa_che:20200323205238j:plain

追記:増永さんにかりてた斧にCleatのロゴ入れと、パラコード巻き巻きをしました。

かっちょいいやん。

ボブ・マーリーの家系図的なのつくった話

今年ももうちょいしたら、暑い夏が来る感じすね。

夏っぽくなってくると、なんとなくレゲエが恋しくなってくるんすよ。基本的にゆったりとしたチルなやつを聴くことが多いんですけど、そのなかでもド定番だけどボブ・マーリーとかめっちゃ聴きます。

 

んでいろんなレゲエを聴いてると、ボブ・マーリーのDNAを受け継いだ~とか、そういう紹介をされてる人が結構いて、本当に実の息子だったりとかするんですよね。結局ボブ・マーリーの子孫っていまどうなってんの?って気になって調べてみたら、なかなか面白かったんで、それ書きます。

  

 

ボブ・マーリーは1945年にジャマイカにて、イギリス人のノーヴァル・マーリー(Norval Marley)と、ジャマイカ人の セデラ・ブッカー(Cedella Booker )との間に生まれました。それで1981年に悪性の腫瘍が原因で、36才の若さで亡くなりました。マジで太くて濃くて短い一生ですね。

 

この短い人生のなかで、ボブ・マーリーは8人ものガールフレンドの間に12人もの子供を授かりました。多いなー!!One Love じゃおさまらない Loveの大きさ。

 

んでボブ・マーリー家系図的なやつって、調べたらすぐでてくんのかな~って思ったんですけど、意外とでてこない。でてもなんか分りづらくてピンとこないやつだったりして、、、、

そんなら分かりやすくまとめるか!ってつくったのがこれです。

f:id:nakagawa_che:20190531232905j:plain

こんな形の家系図みたことない!笑

ボブ・マーリーの上のリタ・マーリーから時計回りに、ざっくり時系列で並んでます。

(なんか妻とか恋人とかこの後の説明でも表記がブレブレです。その辺よく分かんなかったんです、、、)

それぞれを分解して説明していきますね。

 

 

8人のガールフレンドごとに分けると
 

●  リタ・マーリー Rita Marley

 →  シャロン・マーリー Sharon Marley

 →  セデラ・マーリー Cedella Marley

 →  ジギー・マーリー Ziggy Marley

 →  スティーブン・マーリー Stephen Marley

 →  ステファニー・マーリー Stephanie Marley

 

●  パット・ウィリアムス Pat Williams

 →  ロビー・マーリー Robbie marley

 

●  ジャネット・ハント Janet Hunt

 →  ローハン・マーリー Rohan Marley

 

●  ジャネット・ボウウェン Janet Bowen

 →  カレン・マーリー Karen Marley

 

●  アニタ ベルナビス Anita Belnavis

 →  キマーニ・マーリー Kymani Marley

 

●  ルーシー・パウンダー  Lucy Pounder

 →  ジュリアン・マーリー Julian Marley

 

●  シンディ・ブレイクスピア Cindy Breakspeare

 →  ダミアン・マーリー Damian Marley

 

●  イヴェット・クライトン Yvette Crichton

 →  マケダ・マーリー Makeda Marley

 

 

子どもの生年月日で並べると

 

 シャロン・マーリー Sharon Marley 1964

 セデラ・マーリー Cedella Marley 1967

 ジギー・マーリー Ziggy Marley 1968

 スティーブン・マーリー Stephen Marley 1972

 ロビー・マーリー Robbie marley 1972

 ローハン・マーリー Rohan Marley 1972

 カレン・マーリー Karen Marley 1973

 ステファニー・マーリー Stephanie Marley 1974

 ジュリアン・マーリー Julian Marley 1975

 キマーニ・マーリー Kymani Marley 1976

 ダミアン・マーリー Damian Marley 1978

 マケダ・マーリー Makeda Marley 1981

 

 

リタ・マーリー Rita Marley  ガールフレンド 1946年生まれ

レゲエユニット「アイ・スリーズ」のメンバーで、ボブ・マーリーのバックコーラスもしてた。最初の妻で正妻ってことになるのかな、、、

ボブ・マーリーはリタとの間に5人の子どもを授かりました。

リタ・マーリーの歌う曲もたまらんのですよ。

  ↑ 一覧に戻る

 

シャロン・マーリー Sharon Marley  娘 1964年生まれ

リタの連れ子、ボブ・マーリーと血のつながりはないみたい。ボブ・マーリーが生前にリタとの間の子どもたち(ジギー、シャロン、セデラ、スティーブン)にお願いして結成された「Ziggy Marley and the Melody Makers」のメンバーとして活躍しました。

このグループはなんと3つのグラミー賞をとったそうな。

またシャロンはジャマイカキングストンにある、ボブ・マーリー ミュージアムで館長を務めています。

f:id:nakagawa_che:20190520233855j:plain

出展:Sharon Marley facebookページ

https://www.facebook.com/SharonMarleyFanPage/

  ↑ 一覧に戻る

 

セデラ・マーリー Cedella Marley  娘 1967年生まれ

彼女もメロディーメイカーズの一員でした。2002年にメロディーメイカーズが解散した後も、ウェイラーズが設立したレコードレーベル「Tuff Gong」の代表を勤めていたり、2012年オリンピックの陸上競技ジャマイカ代表のユニフォームをデザインしたり、映画に出演していたりと、、、とにかく多彩な人ですね。

 

セデラはボブ・マーリーの母親のセデラ・ブッカーから取ってるんですかね?

ちなみにセデラ・ブッカーも歌ってたみたい。

めっちゃいけてるやん。信じられないくらい出来た話ですね、、、

 

f:id:nakagawa_che:20190528215633j:plain

出展:Cedella Marley facebookページ

https://www.facebook.com/CedellaMarley/

  ↑ 一覧に戻る

 

ジギー・マーリー Ziggy Marley  息子 1968年生まれ

長男ですね。メロディーメイカーズのリーダーとして活動してたジギーは、解散後も精力的に音楽活動を続けていきます。

マジでいい曲です。けっこう最近もいろいろドロップしてますね。

ソロで3回もグラミー賞をとってます。メロディーメイカーズ時代も合わせたら合計6回!!

アニメーション映画「Shark Tale」でウィル・スミスやデニーロと一緒に声優をやったりもしてます。

  ↑ 一覧に戻る

 

ティーブン・マーリー Stephen Marley  息子 1972年生まれ

メロディーメイカーズの最年少だったスティーブン。メロディーメイカーズ時代を合わせると、8回もグラミー賞をとってます。とりすぎ。

個人的にスティーブンといえばこれ。

いや~!マジで最高。

Pit bullと一緒にやってるこれもリゾート感あって最高。

熱心なラスタファリアン

  ↑ 一覧に戻る

 

ステファニー・マーリー Stephanie Marley  娘 1974年生まれ

ステファニーはボブとリタの間でいうと末っ子です。ボブとリタの間の兄弟姉妹のなかでは唯一、音楽のシーンには出てきておらず、(おそらく)唯一 大学に進学しています。

その大学では心理学を専攻しており、優秀な成績で博士号を修めたとのこと。また、大学在籍中には、大学のあるカナダにて特別支援学校でのボランティア活動をしていました。

卒業したのちに、音楽やエンターテインメントを軸とした事業に関わっていき、ボブ・マーリー財団や博物館の理事を務めています。また、Marley Resort&Spa の開発監督も務めていたとのこと。

Marley Resort & Spa - Home Page

現在はオーガニック農場 Marley Farm の実現にむけて邁進している。

 

いままでの兄弟姉妹と少し毛色は違いますが、やっぱり凄いものをもってて、素晴らしい人生を歩んでいるみたいですねー!かっこいい!!

 ↑ 一覧に戻る

 

 

パット・ウィリアムス Pat Williams  ガールフレンド

この方に関しては、ほんとに情報がでてこなかったです、、、。

たぶん、、女優だった、、んすかね。

んで、アメリカ人?的な?

 ↑ 一覧に戻る

 

ロビー・マーリー robert robbie marley  息子 1972年生まれ

f:id:nakagawa_che:20190529232302j:plain

出展:

http://www.zimbio.com/photos/Robbie+Marley/Premiere+Magnolia+Picture+Marley+Arrivals/H19-ZrznqDf

ロビーと彼の妻

ボブとパット・ウィリアムスの間の子どもですね。

ロビーは音楽のシーンには出てきていませんが、バイクスタントの世界で活躍していたようです。

f:id:nakagawa_che:20190529232443j:plain

出展:Bob Marley Twitter公式アカウントより

https://twitter.com/bobmarley

 「Marley Africa Road Trip」という映像作品に出演しています。愛称が「The NINJA」のようですね。

f:id:nakagawa_che:20190529232910j:plain

左からジギー、ロビー、ローハン

出展:https://acedmagazine.com/marley-africa-road-trip-an-inspirational-journey-video-review/

 こんなかっちょいい兄弟いないよ。

  ↑ 一覧に戻る

 

ジャネット・ハント Janet Hunt  ガールフレンド 

ほんと何も分からなかった。

だれか教えてください、、、、

  ↑ 一覧に戻る

 

ローハン・マーリー Rohan Marley  息子 1972年生まれ

f:id:nakagawa_che:20190529234504j:plain

出展:https://en.wikipedia.org/wiki/Rohan_Marley

Rohan Marley Wikipediaより

ボブとジャネット・ハントの間の子どもです。ローハンとロビーとスティーブンが同い年なんですね!笑う。

ローハンはマイアミの大学でアメフトの選手として活躍していました。

大学卒業後はアパレルブランド「Tuff Gong」(レコードレーベルと同名)の運営や

コーヒー豆の生産法人「Marley Coffee」の設立に携わりました。

Tuff Gongの服は、上のロビーの写真で着てるやつがそうなのかな。

また、環境に配慮した材料を使用したスピーカー「House of Marley」の開発も行っている。

参考:https://japan.cnet.com/article/35096708/

グラミー賞 最優秀新人賞をとった Lauryn Hill ローリン・ヒルとの間に5人の子どもがいます。

方向性は違うけど、この人も凄い人だな~、、、

  ↑ 一覧に戻る

 

ジャネット・ボウウェン Janet Bowen  ガールフレンド

この方も情報がでてこず、、、娘のカレン・マーリーがイングランドで生まれていることから、ジャネット・ボウウェンも多分イングランド人なのか、、、?

だれか教えてください、、、

  ↑ 一覧に戻る

 

カレン・マーリー Karen Marley 娘 1973年生まれ

ボブとジャネット・ボウウェンの間の子どもです。

インタビュー動画出てきました。

イングランドで生まれて、上で紹介したステファニー・マーリーと一緒に学校に行っていたようです。

インタビューの中で言っていますが、カレンが8才のときにボブは亡くなり、カレンはボブについてあまり知らなかったようですね。しかし死後に父のことを深く知っていき、とてもすごい人だったんだって気づいた、的なことを言ってますね。たぶん。

 ↑ 一覧に戻る

 

アニタ・ベルナビス Anita Belnavis   ガールフレンド

f:id:nakagawa_che:20190601000842j:plain

出展:jamaica-gleaner.com

Ping Pong's days running out | Sports | Jamaica Gleaner

なんと、卓球のジャマイカチャンピオンともお付き合いしてたようです。

これ以上の情報はちょっと分からんです、、、

 ↑ 一覧に戻る

 

キマーニ・マーリー Kymani Marley  息子 1976年生まれ

ボブとアニタの間の子どもです。

ジャマイカで生まれて、彼が9才のときにマイアミの中心街に引っ越します。

そこから母アニタの勧めでピアノとギターのレッスンを受けたり、バンドでトランペットの演奏をする中で、音楽の世界に入っていったようです。その後は母親違いの兄妹であるステファン、ジュリアン、ダミアンと一緒にトラックをつくったりしてます。

かっちょいいっす。スポーツマンだったみたいで、めっちゃムキムキですね。

One Love というジャマイカ映画にて主演をつとめてたりもしてます。

参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Ky-Mani_Marley

  ↑ 一覧に戻る

 

ルーシー・パウンダー Lucy Pounder   ガールフレンド

イギリス人ということ以外分かりませんでした、、、

Lucy Pounder だけでググると、なんかそれっぽい顔写真でてくるけど、たぶんその写真は名前が似てる女優さんの写真で間違いです。

だれか教えてください、、、、

 ↑ 一覧に戻る

 

ジュリアン・マーリー Julian Marley  息子 1975年生まれ

ボブとルーシーの間の子どもで、ロンドン生まれです。幼年期はジャマイカで過ごし、幼いころから、キーボード・ドラム・ギターなどを通じて音楽に触れてきました。

なんともチバチバなMV、、、

ジュリアンはかなりのラスタファリアンなんで、こんな感じのMVです。慈善事業にも積極的に取り組んでいるようで、1989年にジギー、スティーブン、ダミアンと一緒に「Ghetto Youths Foundation」という財団を設立します。この財団はゲットー(貧困街)で暮らしている人を支援し、そのような状況を根絶するというミッションの基に活動を行っています。

2019年1月に最新のアルバム「As I Am」をリリースしていたりと、今もどっしりとレゲエシーンにいてくれています。

  ↑ 一覧に戻る

 

シンディ・ブレイクスピア Cindy Breakspeare   ガールフレンド 1954年生まれ

f:id:nakagawa_che:20190604232407j:plain

出展:https://anniepaul.net/category/cindy-breakspeare/ 

 なんと1976年度のミス・ワールドです。やるなボブ・マーリー、、、

当然ですが、ものすごい美人ですね。

「Waiting In Vain」や「Turn Your Lights Down Low」はシンディにささげられた曲だとか。

  ↑ 一覧に戻る

 

ダミアン・マーリー Damian Marley  息子 1978年生まれ

ボブとシンディとの間に生まれたのがダミアンです。

ダミアンといえばこれ

 MTBのDVDとか好きな人はグッとくるんですけど、Anthill Films 「Follow Me」の中のCam McCaulがライドするパートで流れるんですよ~、、、

ほんと、一部にしか響かないアレですみません。

 

あとフリースタイルバトルが好きな人はこの曲とか

日本で最も再生回数が多い(らしい)フリスタバトルの動画、黄猿 vs 鎮座DOPENESSのビートのやつです。

 

あとこの曲とか、めっちゃテンション上がりますねー!!

「Far Cry3」っていうゲームで、敵の大麻畑を火炎放射器で燃やし尽くすってミッションの時に流れる曲です。バカなゲームで最高でした。

Far Cry3 は車に乗ってる時のラジオから流れる曲なんかも、かなりイカしてるんですよねー。

 

ダミアンが2才のときに、ボブは亡くなってしまうんですけど、ボブによく似ていたダミアンは父親ボブのあだ名だった「Tuff Gong」をもじって「Jr.Gong」と呼ばれるようになります。

13才のころから、ジギー、スティーブンと一緒に音楽活動をするようになります。

なんとダミアン 3回もグラミー賞を取ってます。すごいな。

この方も熱心なラスタファリアンとのこと。

最近も新曲をドロップしてたりと、バリバリ活躍しているのが嬉しいです。

この曲とか、いわゆるオーソドックスなレゲエから少し変えているような感じで、またすごくいいですね。

 ↑ 一覧に戻る 

 

イヴェット・クライトン yvette crichton   ガールフレンド

f:id:nakagawa_che:20190605000416j:plain

出展:facebook Rasta Entertainment より

https://www.facebook.com/pg/RastaEntertainment/photos/?tab=album&album_id=319196581504250

 この写真の人なのか、、、?ちょっと真偽不明です。

イヴェットっていう名前がフランス圏での名前みたいなので、フランス人?フランス系アメリカ人? んー、分かんない。って感じです。

 ↑ 一覧に戻る 

 

マケダ・マーリー Makeda Marley  娘 1981年生まれ

ボブ・マーリーのすべての子どもの中で末っ子です。

この動画の1分20秒あたりからスピーチしてるのが、マケダです。

まあ要するに大麻を合法化しろー!っていう活動の中での1コマみたいです。たぶん。

タイトルに「420 event」ってありますけど、420は大麻を表すスラングです。

なんかオチみたいになって申し訳ないんですけど、マケダは2010年にフィラデルフィア自宅で大麻栽培をしており、逮捕されちゃってます。

  ↑ 一覧に戻る

 

 

 

人数が人数なだけに、まとめるのも大変でした、、、。

最近では「Skip Marley スキップ・マーリー」っていうセデラ・マーリーの息子、つまりはボブ・マーリーの孫も音楽シーンにでてきて注目を集めています。

ダミアン・マーリーと一緒にやってたり、

ソロの曲もめちゃイケてます。

 

 

ボブ・マーリーの Family Treeは今後も広く伸びていって、音楽シーンだけにとどまらず、いろんな分野から世界を盛り上げていってくれると思います。

そのうちボブ・マーリーの孫が色んなシーンででくるのが楽しみですねー!

 

自分も大きな Family Treeの一部にいるんだし、子ども・孫に何かを伝えていけたらいいな~とか思いました。(まだ子ども1才だけど)

 

そんな感じでした。

 

森林研究会の視察 & ちやのき 草刈り区役

ちょっと書けてなかったんですけど、意外といろいろありました。

 

5/24 - 25 で森林研究会の皆さんが、森林資源の活用という観点で富士町に視察に来られました。

5/24(金)は 古湯キッチン10 にて懇親会が行われました。

f:id:nakagawa_che:20190609224918j:plain

林業に携わる方、九大の教授、材木を取り扱ってる方、いろいろな方とお話しできて、最高に楽しかったです。

山林が好きっていう共通項だけで、こんなに打ち解けれるって最高だな~って思いました。

また料理がすべておいしいんですよね~!最高!

古湯キッチンでの懇親会の後はクリートに戻って、またちょっと飲んで車中泊しました。

f:id:nakagawa_che:20190616114033j:plain

プロボックスでの車中泊、足伸ばして寝れるんで最高です。

f:id:nakagawa_che:20190616114209j:plain

相変わらずオレのPROBOXはかっこいい。

f:id:nakagawa_che:20190616114313j:plain

ホットサンドごっそさんでした。マジでおいしかった。

 

そして5/25(土)は森林研究会の方々にチアーズトレイルに来てもらって、山林を利用して造られたコースと、僕と久保がライドしてる様子を見てもらいました。

 

正直、僕らとしては山林資源を活用しよう!とか、自然環境を保つために!とかは全く頭になくて、とにかく自分たちが楽しめる最高の環境(レゲエっぽくいうとザイオン)を創ろうぜ!みたいな感覚でしかいなかったので、今回の視察は嬉しいのと同時に、真剣に山林の未来に向き合っている方が視察に来ることに、結構びっくりしました。

 

まあ、最高の秘密基地(秘密じゃないけど)つくろうぜって、小学生みたいな感覚だからこそ、永く続けられるのかも知らんすね。

とにかく嬉しかったし、楽しかったです。

 

 

そんでその翌週、6/2(日)には ちやのき地区の草刈りがありました。

f:id:nakagawa_che:20190609230600j:plain

なんと今回、28人ものMTBerが駆け付けてくれました。すごい。

f:id:nakagawa_che:20190609231354j:plain

なんと今回の区役から、テレビの長期密着取材でカメラが入っています。

12月に九州7局フジテレビ系列で放送される予定で、なんと30分のドキュメンタリー番組になるようです!

めっちゃ楽しみですねー!

 

f:id:nakagawa_che:20190609231313j:plain

地元の方、MTBerが入り混じっての区役は、毎回のことですがほんわかした雰囲気で最高に楽しかったです。

 

f:id:nakagawa_che:20190609231536j:plain

NAKAOさん、親子参加いいですねー!僕も早く息子と一緒に来たいな~。

 f:id:nakagawa_che:20190609231455j:plain

草刈り作業の後は公民館でみんなでお昼ご飯です。

f:id:nakagawa_che:20190609231424j:plain

f:id:nakagawa_che:20190609231438j:plain

毎度のことなんですけど、おいしすぎて食べ過ぎちゃいがち。

何気ないお漬物とかが、すごいおいしいんですよ。

f:id:nakagawa_che:20190609231511j:plain

お昼ご飯の時も密着取材。お疲れ様でした。

 

そんで区役の後にトレイルライドに行って、最高の休日の完成です。

今回は久保とbabaくんが拓いた新しいルートに行ってみたんですが、アドベンチャー感あるルートで楽しかったです。

f:id:nakagawa_che:20190616113317j:plain

急な倒木に対応できず、仲良くこけたシーン。

初めてのトレイルを反射神経で走る感じって最高に楽しいですね。

 

とにかく、僕たちが楽しく遊ぼうと色々やってるところに、視察に来ていただいたり、取材に来ていただいたりと、なんか色んな人の琴線に触れてるっと状況がとても嬉しいです。

僕たちが富士町で、古湯でやってることが広く知られて行って、こういう遊び方をする人が増えていけば、MTBにまつわるプロブレムも森林保全にまつわるプロブレムも、楽しい方向に転がるんじゃないすかね。分からんばってん。

 

とにかく、マウンテンバイクをライフスタイル的な感じで楽しむと最高ですって話でした。

 

ちやのきエンデューロ2019 トレイルライドクラスに関して

ちょっと書きたかったことが渋滞してるんですけど、とりあえずこれを書いときます!

 

今回のちやのきエンデューロでは、新しい試みとして「トレイルライドクラス」というものを設けます。

どういうクラスか簡単にいうと「タイムの計測とかはしなくていいんだけど、ちやのきのトレイルは楽しそうだから、走ってみたい!」って人のためのクラスです!!

f:id:nakagawa_che:20190609223801j:plain

(写真はイメージです。懐かしい写真が出てきたんで。)

 

すべての選手がリエゾンにスタートするのを見届けて、ガイドと一緒に同じリエゾンを走って、SSのスタート地点までみんなで走ります。

※SS・・・タイムを計測する区間、ちやのきエンデューロでは、ほとんど下り。

リエゾン・・・SSのスタート地点までの道のりのこと、ちやのきエンデューロでは、ほぼ上り。

 

SSのスタート地点までたどり着いたら、出場選手がスタートするのを観戦しちゃって、全員がスタートし終えた後に、ガイドと一緒に計測区間を走ります。(タイムの計測はしないので、ペースは皆さんの自由)

そんな感じで、出場する選手と一緒のコースをガイドつきで楽しめることができます。

スキル的に不安がある方、計測まではしなくていいかなって方、この「トレイルライドクラス」おススメです!!

それぞれのスキルに合わせたガイドを複数人、準備する予定です!

ちなみになんと、今回僕もガイドをします!!

動きが読めなくて後が走りづらいと評判の僕のライディングですが、マイルドな走りを心がけて頑張ります!!笑

 

なんにせよ、気軽にエントリーしていただけると嬉しいです。

タイム測ることがプレッシャーになってしまうっていうの、スゴイ分かります。僕も大会の本番なんか緊張して硬い走りになってしまうタイプなので、、、

なんで「トレイルライドクラス」に関しては、そういうプレッシャー的なのを全く感じずに、楽しくライドしてもらえたら最高です!

もちろん前夜祭もみんなで一緒に楽しめます!最高!

 

今回、このクラスを設けたことで、少し迷っていた人が出てみよう!ってなって、遠方からの乗り合わせの人数が増えたりするといいな~。

あ、計測しないから e-BIKE なんかででるのもありですね~!

とにかく楽しんじゃいましょー!

 

 

ちやのきエンデューロ 2019 8/17,18 で開催されます!!

ほんとにタイトルに書いてあることを言いたかっただけなんですけど、、、

ちやのきエンデューロ 2019 8/17,18 で今年も開催されます!!!

 

例年通り、8/17に試走 → 前夜祭、8/18に本番っていうスケジュールです!

このイベントは2日間通して参加するのが、めちゃおススメです!

 

f:id:nakagawa_che:20190519001715j:plain

2018年 SS3(チアーズトレイル)試走

f:id:nakagawa_che:20190519001709j:plain

2018年 SS2

f:id:nakagawa_che:20190519001712j:plain

2018年 SS3にて

f:id:nakagawa_che:20190519001931j:plain

2018年 SS1にて

f:id:nakagawa_che:20190519001720j:plain

前夜祭でのふるまわれた料理
(写真はすべて FOTOGRAFIA 撮影)

 

ちやのきエンデューロのレポート的なやつのリンクを載せときますね。

読んでもらったら、このイベントの雰囲気、空気感が伝わるかなと思います。

 

↓ 2017

↓ 2018

 

今回の ちやのきエンデューロでは、MTBのライドに自信がない方、そもそも乗ったことない人、お子さんなんかも楽しめる仕掛けをいろいろ考えてたりとか、、、、

 

その辺の催しものとかに関しての続報は、facebookの ちやのきエンデューロ  のページで告知していきますので、要チェキお願いします!!

このブログでもお知らせしようと思いますけど、あんまあてにならないんで、、、、

 

勝ってやるぜ!って楽しみ方も最高なんですけど、ゴキゲンなトレイルで遊びまくろうぜー!!って楽しみ方も最高です!!

ぜひMTB仲間と誘い合ってきていただけたら嬉しいです!!

 

とにかく楽しみだー!!っていうことでした。

 

3/24 Transition Bikes & SANTA CRUZ 合同試乗会 inチアーズトレイル

Transition Bikes と Santa Cruz ってイケてる2つのバイクメーカーが同時に試乗できちゃうっていう、最高なイベントがチアーズトレイルで行われました。

(3月にあったイベントなのに5月にこれを書いてるってヤバいですね)

 

もちろん  Cleat bicycle   主催のやつです。

 

実はこのイベント2日連続で行われてて、1日目はあの TOXトレイル での開催でした。

TOXトレイルの参考記事 ↓

 

僕はこれには参加できなくて、チアーズトレイルからの参加だったんですけど、なんか楽しそうな投稿が続々と、、、、

まあ負けじとチアーズトレイルでも楽しむしかないでしょ!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502230426j:plain

とりあえず朝、Cleatに集合。

ちゃんと集合時間にきたけど、みんなこんな感じでのんびりしまくってて笑いました。

ゆるすぎる。

 

f:id:nakagawa_che:20190503001413j:plain

めちゃ嬉しいことに僕のブログをみて、KATOさんがリフトアップサクシードに車を変えてました!めちゃ嬉しいー!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502231044j:plain

うぉー!ラムバンにトランジション

f:id:nakagawa_che:20190502231100j:plain

いろんな積み方。それにしてもTransition Bikes 率が高い。

とりあえずチアーズトレイル行きましょう。

Cleat からチアーズトレイルまでは車で15分くらい。ほんとにいい立地だな。

 

f:id:nakagawa_che:20190502230725j:plain

んで、チアーズトレイルでも焚火するっていうね。

もうとりあえず火が見たいから焚火する感じですね、みんな。

焚火もいいけど乗ろ乗ろ!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502231741j:plain

Trantision AirlinesよりMoMo!

ディガーとしても、ライダーとしても、フィルマーとしても、エディターとしてもリスペクトしとります。フォームが美しい。

今回、ライドの撮影をFOTOGRAFIAの山田さんにバシッと撮ってもらいました。

本当にこのクオリティの高さで写真を撮ってもらえるのはうれしすぎる!!!

感謝です。

 

f:id:nakagawa_che:20190502231949j:plain

UKIUKIパークで一緒に遊んだ、通称 永ちゃんもきてくれました!

MTBは今回が初めてってことなんですが、やっぱりBMXでの地力があるんで、すぐ乗りこなしてましたね~。さすが!

てかこの写真で見ると、人差し指をブレーキにかけてないですね。

僕はストリートでもビビッてブレーキに常に指かけてるんで、マジですごいと思いました。

 

f:id:nakagawa_che:20190502232508j:plain

Shimizuくんも来てくれました。相変わらず乗れてる~!

なんかストリートの人もガンガン山走ってほしいし、僕たち山の人もストリートをやったり、みたいな。それぞれのジャンルの境目があいまいになっていくと、もっと面白い気がしてます。

f:id:nakagawa_che:20190502233432j:plain

おー!ヨシムタMTBクラブからRyosukeです。

フォームがいけてるねー!!

f:id:nakagawa_che:20190502231648j:plain

ほんでヨシムタMTBクラブのロケットボーイ Koshiro!

実はこの日が新車Transition Bikes の SCOUTでの初ライド!

おろしたてなのに、なじみすぎてる。笑

 僕も Cleat bicycle  で組んでもらったんですけど、やっぱりレバー関係のポジションなんかも、好みを考慮したうえでバチっとだしてくれるんで、初ライドでも違和感なく乗れちゃうんですよね。

そういえば慣れる必要とかまったくなかった。

そんなロケットボーイの追い撮りを置いておきます。

チアーズトレイルのスタートからゴールまで、全部撮ってるんで、流れが分かりやすいかなと思います。

んー! ゴキゲンな走り!!

 

f:id:nakagawa_che:20190502234849j:plain

久保。いいねー!ぶち込んでる感じが最高。

 

f:id:nakagawa_che:20190502235054j:plain

果敢にチャレンジしてくれました。みるみる上手くなるから見てて楽しいなー!

チアーズはライダーのレベルによって、いろいろな走り方ができると思うんで、幅広い人が楽しめるコースなんじゃないかなと思います。

とはいいつつ、初心者向けのもっと取っつきやすいトレイルも必要だとは思ってるんですが。

早く自分の息子もチャリに乗れるようになってほしいな~、、、

 

f:id:nakagawa_che:20190502235316j:plain

僕です。基本的に無駄が多くてSketchyな走りに定評のある僕なんですが、我ながらバームのフォームはなかなか優等生なんじゃないかと思ってます、、、

f:id:nakagawa_che:20190502235829j:plain

この1枚とかホントに嬉しい!

ジャンプのときに膝が外に向きがちで、いつもドスコイ感がすごいんですけど、この写真はいい感じに見える!!

ジャンプの下手さを本当に克服したい!修行しないとですね。

 

f:id:nakagawa_che:20190503000115j:plain

やっぱチアーズはトレインが最高におもしろい!!

みんなでギャーギャーいいながら下るのがほんとにおもしろいですね~!

 

f:id:nakagawa_che:20190503000233j:plain

いぇー!!フロント上げすぎ病ー!!

 

f:id:nakagawa_che:20190503000345j:plain

この日は試乗会ですので、高級車がズラリとならんでおりました、、、

Transition Bikes と Santa Cruzなので、どれ乗っても間違いないという。

 

f:id:nakagawa_che:20190503000500j:plain

アパレル関係なんかもありましたー!

サラッとしたデザインで、マジでシャレてた。

 

このあとチアーズだけじゃなく、茶畑トレイルや、新しく開通したトレイルを、みんなで騒ぎながらライドして、最高に楽しかったです。

いや~、マジで最高のイベントでしたよ。

TOXトレイルのも参加したかったけど、また今度いこう!!

 

これからシーズンに入っていって、苣木地区での区役だったり、イベントの情報だったり、ちょいちょいあると思いますんで、Facebookの福岡マウンテンバイク友の会のページなんかをチェックしてもらえたらと思います!!

僕のブログでも言っていきたいと思いますが、あまりあてになりませんので!!(自信満々)

 

とりあえず最高でしたって話です。

 

f:id:nakagawa_che:20190503002131j:plain

ps. ソロ写真ありがとうございます!汚いコアラみたいな感じで気に入ってます!